2019年2月末のFAANGの株価・指標

こんにちは、セミリタパパです。

それでは月初となりましたので、2019年2月末のFAANGの株価と指標を見ていきたいと思います。

※ちなみに「FAANG」については、下記でご説明しています。

Sponsored Link

 

2019年2月末のFacebookの株価・指標

ではまず、Facebookです。

 

株価:161.13ドル
PER:21.08倍
PBR:5.47倍

Facebookは株価、指標ともに先月と比べて下がりました。

特にPERは先月と比べて、約10倍ほどの下げですね。

 

2019年2月末のAmazonの株価・指標

次にAmazonです。

 

株価:1,639.26ドル
PER:79.27倍
PBR:18.48倍

Amazonも株価、指標ともに先月と比べて下がりました。

PERは271倍から79倍へ、PBRは30倍から18倍に下がりましたね。

 

2019年2月末のAppleの株価・指標

次にAppleです。

 

株価:173.15ドル
PER:14.42倍
PBR:7.69倍

Sponsored Link


Appleは株価、指標ともに先月と比べて上がっています。

 

2019年2月末のNETFLIXの株価・指標

次にNETFLIXです。

 

株価:358.10ドル
PER:128.81倍
PBR:29.84倍

NETFLIXも株価、指標ともに先月と比べて上がっています。

 

2019年2月末のGoogleの株価・指標

最後にGoogleです。

※Googleの持ち株会社であるAlphabet(アルファベット)の株価・指標を見ていきます。

 

株価:1,126.55ドル
PER:25.48倍
PBR:4.41倍

Alphabetは株価、指標ともに先月と比べて下がっています。

PERは61倍から25倍となっていますね。

 

今後はEPSが上がるのか、株価が下がるのか?

今回目を引いたのは、Facebook、Amazon、GoogleのPERが下がったことですね。

ちなみにPERの計算式は下記の通りで、

  • 株価÷1株当たり利益(EPS)

今回3社のPERが下がったのは、株価の下落ではなくEPSが上がったということです。

 

その結果、Facebook、Apple、Google3社のPERは落ち着いてきた感じはしますが、AmazonとNETFLIXのPERはまだまだ高すぎると感じています。

今後はEPSが上がるか、株価が下がるかのどちらかによって、後者2社のPERも落ち着いてくるはずです。

一体どうなるのでしょうか?

個人的には、株価が下がると思っていますが・・・。

 

ちなみに月末時点でダウ平均株価は

25916.00ドル

でした。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ