30~40代で孤独になることを避けるためにするべきたったひとつのこと

こんにちは、セミリタパパです。

今は30~40代で孤独になってしまっている人がかなり多いようですが、孤独になることを避けるために、やるべききことはひとつしかありません。

Sponsored Link

 

30~40代で孤独な人は想像以上に多い

こちらの記事にもありましたが、

 

今は高齢者だけではなく、30~40代の人が孤独になってしまっているケースが多く、それがゆくゆくの孤独死につながってしまうことが危惧されています。

確かに僕が子供であった20~30年前と比べると、いわゆるご近所付き合いというのはほぼなくなってしまいましたし、結婚しない人も増えましたからね・・・。

また、会社での人間関係もかなりドライになっているところが多いようなので、30~40代でも孤独になってしまう要素は、山のようにあるわけです。

 

趣味の集まりに参加する

そして、孤独になることを避けるために、できることはこのひとつではないでしょうか?

それは、

趣味の集まりに参加する

ということです。

 

同じ趣味を持った人同士であれば、性別や年齢、学歴や仕事など一切関係なしに、「趣味」という共通の話題を持って、楽しく付き合っていけます。

僕の例で言いますと、学生時代にバスケットボール部だった僕は、社会人になって、無性にバスケットボールがしたくなったことがありました。

そこで僕は、近隣になったスポーツ施設何カ所かに問い合わせて、バスケットボール同好会的なものがないか調べてみたのです。

そして、ひとつのバスケットボールクラブをみつけた僕は、今度は問い合わせて、さっそく参加させてもらいました。

Sponsored Link


 

その時僕は20代半ばでしたが、参加していた人は、性別や年齢、職業などはバラバラでした。

(僕と同い年は、たしかいなかったと記憶しています)

しかし、「バスケットボールが好きだ!」という気持ちはみんな同じでしたので、けっこう頻繁にあったクラブの飲み会は毎回盛り上がってましたし、いい仲になった女性もいたので、それもそれで楽しかったです(笑)

 

「会社の人間関係を良くしよう」なんてことは考えるべきではない

そして、ここでひとつ強調しておきたいのですが、孤独になることを避けたいからと言って、今の会社での人間関係をよくしようなんて、考えないでくださいね。

というのも、考えてみてくたさい。

それができるなら、もうとっくにできているはずですから・・・。

 

会社の人間関係が良好で、プライベートでも付き合っていけるような人が、たくさんいればそれは最高です。

しかし現実は、それぞれ違った考えを持った人が、たまたま今の会社で一緒に働いているだけ。

そう考えるのが自然であるケースが、圧倒的に多いはずです。

なので、会社の人とは無理して付き合っていく必要はないのです。

無理をすれば、逆にそれがストレスの元になってしまいますので・・・。

 

僕は人付き合いが得意ではない

ちなみに僕は、人付き合いがあまり得意ではらありません。

そして、このブログでもちょいちょい書いているように、友達と呼べる人は数人しかいませんので、どちらかと言えば、孤独のグループに入る人間だと思っています。

 

ただし今は少ない友達に加えて、家族にも恵まれましたので、幸い孤独を感じることはありませんが、いずれ孤独になる可能性もあることは常に頭に入れています。

 

・・・と言っても、実際に完全な孤独な状態になったら、寂しくて寂しくて、どうしようもなくなるかもしれませんよね。

その時は、その時の趣味や好きなことの集まりに、積極的に参加しようと思っています。

自ら行動さえ起こせば、孤独な状況は避けられますからね。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ