「30代~40代の約20%が貯金なし」というデータは結構納得できます。その理由

こんにちは、セミリタパパです。

「30代~40代の約20%が貯金なし!」

これは一見、驚きのデータのように見えますが、冷静になってみると、結構納得できるものですよ。

Sponsored Link

 

30代~40代の約20%が貯金なし

下記によると、どうやら現在30代~40代の約20%の人は、貯金が全然ないようです。

 

もちろん、貯金がきっちりゼロということはないでしょうが、口座の残金が数万円単位だったり、借金をしてしまっているために口座残高がマイナスになっているケースもここに含まれるでしょう。

いずれにしても、「30代~40代の5人に1人は貯金がない」ということです。

このことをどう思いますか?

 

僕はドン引きだか、別の意見を持つ人もいる

正直僕は、「30代~40代で貯金なし」という人にはドン引きします(笑)

というのも、30代~40代と言えば、社会人経験もある程度積んだいい大人ですよね。

もし独身であれば、家賃など毎月の固定費を払うことでいっぱいいっぱいだということはまずないでしょうから、何かしらの浪費が原因で、貯金がないということですよね・・・。

 

また結婚しているのであれば、今後子供などに何かとお金がかかってきますので、家族の将来のためにも貯金は絶対必要です。

「今生活がきついから、なかなか貯金ができなくって・・・」

なんて言い訳は通用しないのです。

そんなことを言うのなら、家族を持ってはいけないのです。

 

これが、僕の考えです。

しかしこれはあくまで僕の考えであって、別の意見を持っている人ももちろんいます。

たとえば下記の記事では、「目的がない貯金は意味がない」という意見を持った人の言葉が取り上げられていますので。

 

今の時代にひとつの価値観を押し付けるのは無理がある

そして僕としては、

「いや、他の意見は間違っていて、僕の意見こそが正しいのです!」

なんてことを言いたいので全くなく(笑)、今の時代は特に、ひとつの考えや価値観を押し付けるのは難しいと思っています。

 

というのも、ネットで検索すれば、簡単に自分と同じ価値観の人を見つけられますからね。

Sponsored Link


なので、たとえ身近な人には自分の価値観は理解されなくても、

「自分と同じ価値観の人は、世の中にたくさんいるんだ!」

と自信を持つことができるのです。

 

ひとふた昔前のネットがない時代であれば、テレビなどのメディアを使って、ひとつの価値観を大勢の人に押し付けることができたかもしれませんが、現代ではもう無理なのです。

現代は、多様な価値観があって当たり前の時代なのです。

なので、30代~40代の中で

「貯金なんて、する必要ないじゃん~」

と思っている人は、その人がそれでよければ、そのまま生きていくだけなのです。

 

明日死ぬかもしれないし、100歳まで生きるかもしれない

ちなみに僕は、

  • 明日死ぬかもしれないし、100歳まで生きるかもしれない

このような考えを持ってライフプランを立てています。

 

明日死んでしまうかもしれませんので、毎日できるだけ楽しく生きることを意識しています。

具体的には、妻との仲も今のところは良好ですし(笑)、子供たちはまだ小さく

「パパ、だいすき~!」

と一応言ってくれていますので、とにかく家族と過ごす時間を増やしています。

 

そして僕は、現在セミリタイア中で毎日暇ですので(笑)、毎日家族全員で食事をして、子供たちが家にいれば、ひたすら一緒に遊びます。

子供たちがいない日は、妻とデートです。

夜は毎日子供たちとお風呂に入り、家族全員で寝る、こんな毎日です。

平凡ではあるのですが、このような生活が今は楽しいので、ひたすらそれを繰り返している感じですね。

 

そして今は「人生100年時代」と言われていますが、僕も100歳まで生きるかもしれません。

また、家族もいますので、

「貯金はなくてもいっか!」

という考えはありえないのです(笑)

なので僕は貯金というか、資産は株式投資でさらに増やしていき、ゆくゆくは配当収入だけで生活できるよう、計画を立てています。

 

今は40代ですので、たとえば50歳の時点で配当収入だけで生活できるようになれれば、あとの50年はひたすら遊んで暮らせます。

また100歳で僕が死んだ場合、妻に株を相続することで、妻も生活に困ることはありません。

妻は僕よりもけっこう年下ですし、一般的に平均寿命は男性よりも女性の方が長いので、妻がかなり長生きしてもいいように想定しています。

 

もちろんこれはあくまでこれは僕の考えですので、この考えにどのくらい賛同してもらえるかは分かりませんが、まあ現代の多様な価値観のひとつということで(笑)

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ