「成長株への長期投資で3億円作った51歳」が後悔していることって何?

こんにちは、セミリタパパです。

「成長株への長期投資で3億円作った51歳」

かなりすごい人がいるものですが、こんな人でも後悔していることがあるようですよ。

Sponsored Link

 

「成長株への長期投資で3億円作った51歳」が後悔していること

日経新聞にこんな記事がありました。

 

51歳で3億円もの資産を作り、セミリタイアできるなんて、多くの人からうらやましがられる人生ですよね。

しかし、この方が後悔していることがあると、この記事には書かれていました。

 

「もっと早く、早期退職したかった」

それは、

「もっと早く、気力も行動力もあった40歳前後で早期退職したかった」

 

ということなのです。

というのも、この方は20代のころ、

「いずれソフト会社を興して上場させたい」

という夢を持っていたようなのですが、サラリーマンとしての仕事が忙しかったり、お子さんがいたりなどして、その夢は次第に遠のいていったようです。

しかし51歳となり、3億円という資産を築いた今改めて振り返ると、40歳前後で早期退職していれば、違った人生が送れたと思っているようですね・・・。

 

こうしていれば、もっと早く早期退職することができた

では、今回の記事を参考に、

「こうしていれば、もっと早く早期退職することができたはず」

ということをご提案してみたいと思います。

 

節約意識はかなり重要

まず気になったのは、

はっしゃんさんの家は大学生2人を含む3人の子と契約社員として働く妻の5人家族。今が一番お金の掛かる時期で、学費や仕送りを含めると、月々の生活費は90万円に達する。

 

ここなのですが、子供3人で月々の生活費が90万円かかるということは、おそらくこの一家は、あまり節約意識がないような気がしますね・・・。

 

ちなみに我が家の場合、私と妻、そして二人の子供の4人家族ですが、毎月の生活費は30万円台で収まっています。

仮に、二人が大学に行ったとして、私立に行っても、学費は年間それぞれ100万円くらいですよね?

Sponsored Link


資産があれば、それは一括で払い、毎月の生活費にカウントしなければいいですし、もし仕送りが必要な状況になることが予想できたのであれば、セミリタイアした後に、子供が大学に通いやすい地域に引っ越すこともできたはずです。

 

配当金を重視した資産運用に切り替える

また、

36歳の時には資産1億円を達成する。

ただ、当時は、正社員を辞めていた妻と小さな子供を養っている状態。資産1億円では到底辞める気にはなれなかった。

 

ここも気になったのですが、おそらくこの方は、

  • 配当金を重視した資産運用

この意識があまりなかったのだと思いますね・・・。

 

それは、

現在は退職時に株式を現金化した5000万円を取り崩して生活費に充てる。「3億円あるので年1000万円使っても30年は暮らせる計算。将来の経済的な不安はない」という。

 

ここからも分かる通り、この方はセミリタイア生活を、

  • 資産を取り崩して生活していく

これを前提に考えているわけです。

だからこそ、資産を3億円まで持っていくことができたとも言えるわけですが、どこか良きタイミングで、配当金を重視した資産運用に切り替えていければ、早期退職はもっともっと早めることができましたね。

 

記事によると、この方の家計収入はサラリーマン時代にも、

  • 妻給与:10万円
  • 副業:15万円

とありました。

この部分は、この方がサラリーマンを辞めても継続して入ってくる収入ですよね。

 

ではたとえば、我が家の毎月支出プラス10万円、毎月50万円まで支出を抑えられたと仮定すると、

  • 50万円-25万円=25万円

となりますので、毎月25万円の配当金収入があれば、生活していけるわけですよね?

 

現在の日本の株式市場であれば、年間4%くらいの配当金を得ることが十分できますし、実際僕も自分が保有している株の配当利回りはそれ以上なので、それを踏まえて、ちょっと計算してみましょうか?

※配当金にかかる税金は分かりやすく20%で計算してみます。

たとえば資産1億円を配当金狙いで運用した場合、

  • 1億円×配当利回り4%×0.8(税引き)=年間配当金320万円

となり、月間ベースでは26.6万となります。

 

・・・はい、25万円を超えてしまいました(笑)

この方は36歳で資産1億円を達成したそうなので、その時点で配当金を重視した資産運用に切り替えていれば、もうセミリタイアできてしまったということなのです。

セミリタイアは早い方がいいですよ。

経験者は語る、です。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ