投資や仕事、家事でさえも遊び感覚でやった方がいい理由

こんにちは、セミリタパパです。

僕は、投資や仕事、そして火事でさえも遊び感覚でやるべきだと思っている派です。

Sponsored Link

 

そもそも「遊び感覚」とは?

「遊び感覚」という言葉の捉え方は、人によって異なると思いますが、僕の考えとして「遊び感覚」というのは、

適当

ということではなく、

遊びのように楽しんでやる

ということだと思っています。

 

楽しめればのめり込める

だって、楽しめればのめり込めるじゃないですか。

たとえば僕の息子は、先日一日中折り紙を折っていました。

そして、ひとつ完成するごとに、

「パパ、すごいでしょ~」

と自慢されていましたが(笑)、息子はただただ楽しかったから、それができたわけですよね。

 

時間を忘れて遊んでしまうことは、大人になってもよくあることです。

40歳を過ぎている僕も、気づいたら数時間ゲームをしていることがたまにありますので(笑)

投資や仕事、そして家事も、このような感じで取り組んだ方が絶対いいはずなのです。

 

成果が出やすい

何でも遊び感覚でのめり込めさえすれば、成果が出やすいですからね。

Sponsored Link


僕がまさにその良い例で、特別能力が高いわけでも、学歴があるわけでもありませんが、仕事そして投資にはのめり込むことができました。

サラリーマン時代は、今思えば周囲の理解があったことも大きいと思っていますが、言うなれば、

真剣に楽しんで仕事をする

このようなスタンスで仕事をすることができていて、それが成果にもつながっていました。

そのスタンスは、今の自営業でも変わっていません。

 

また株式投資でも、これまで様々な投資手法を試してきましたが、デイトレードなど、全然楽しくなかった投資手法はすぐに手放し、現在の大きく言えばバリュー投資に落ち着いたという感じです。

 

掃除は子供たちと遊びながらやっている

そして家事ですが、僕は料理と洗濯が大の苦手なので、それらは妻に任せていて、我が家では掃除を担当しています。

ただし、掃除も今は子供たちを巻き込んで、一緒に歌を歌ったり、ギャアギャア言ったりながら、うまいこと子供にも手伝ってもらって(笑)、毎日進めています。

僕にとって家の掃除は、もはや子供たちとの遊びの一環という感じなのです。

 

遊び感覚でできる仕事があれば、仕事は増やしたい

そして今は、子供たちもまだ小さく、家族との時間を最優先にしたいので、セミリタイア生活を送っています。

 

しかし、子供が大きくなって手が離れたら、もう少し仕事をする時間を増やしてもいいかな、と思うこともあります。

現在は、その辺の学生さんのバイトより、時間的には働いていませんから(笑)

何か新しいビジネスを始めるもの面白いかもしれませんね。

もちろん、「遊び感覚でできる」ということが大前提ですが。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ