分散投資のやりすぎは意味がない理由

こんにちは、セミリタパパです。

株式投資において、分散投資は基本中の基本中です。

だだし、分散投資をやりすぎるのも考えものですよ・・・。

Sponsored Link

 

1銘柄を全力買いするのは、ただのギャンブル

と言ってもこれは当たり前のことですが、「持っている資金のすべてで1銘柄全力買いする」なんて、スーパー危険です。

それは、もはやただのギャンブルです。

買ったその銘柄が暴落などで終わったら、あなたも簡単に終わってしまいます(笑)

 

たまに雑誌などで、

「1銘柄にフルインベストメント(全力買い)することで、その銘柄の上昇益を最大限に享受することができ、資産を大幅に増やすことができた!」

みたいなことが書いてあって、なんだか熱い気持ちになることがありますが、それはもうフィクションの世界のことだと思ってください。

現実はそんなにうまくはいきませんので・・・。

 

100銘柄に分散投資する意味はある?

なので、分散投資は必ずと言っていいくらい必要なのですが、問題はどのくらい分散して投資するかです。

「できるだけ分散するんだ!」と考えて、たとえば100銘柄以上に分散投資しても、あまり賢いとは言えません。

Sponsored Link


 

というのも100銘柄以上に分散してしまうと、1銘柄あたりの資金配分率がかなり低くなるので、リスクは低くなるかもしれませんが、リターンもそこまで高くはなりません。

100銘柄に分散した状態ですと、1銘柄が爆上げしても大したことはありませんからね。

なので「100銘柄にまでで分散投資するなら、いっそ日経平均に連動するETFでも買っておけばいい」という話しになるのです。

 

10銘柄でも多いくらい

なので、個人投資家が分散投資するのであれば、10銘柄以下が現実的だと思います。

ちなみに個人的には10銘柄でも多いという感覚で、たとえば5銘柄くらいであれば、1銘柄が爆上げした時のインパクトは大きいですからね。

ちなみに、あのウォーレン・バフェットも過度な分散投資は嫌っていますよ。

 

安心して眠れるかどうか

では、分散投資のやりすぎは良くないということが分かったとして、次に気になることは、

「分散投資は何銘柄行えばいいの?」

ということですよね。

 

それは、人によって違います。

 

・・・そんなことを言ってしまうと元も子もありませんよね(笑)

なので、僕が実践してきた経験から言えば、

持っていて、安心して眠れる銘柄数に分散投資する

これが望ましいです。

 

自分のルールに従って株を買ってみて、もし不安で夜も眠れないようであれば、それはキャパシティーオーバーなので、より分散する必要があるということです。

ぜひ、安心して眠れる銘柄数で分散投資を行ってみてくださいね。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ