クラウドワーカーの数が増えまくっていく理由

こんにちは、セミリタパパです。

インターネットで仕事を請け負う「クラウドワーク」というスタイルがあります。

これからの時代、このクラウドワークを行うクラウドワーカーはかなり増えていくでしょう。

Sponsored Link

 

クライドワーカーにとってはインターネット様々

クライドワーカーのマッチングサイトは下記が有名ですが、

 

クラウドワークはインターネットで仕事を受けることになります。

なのでクラウドワーカーの人たちは、インターネット様々ですよね。

 

そしてクラウドワークは、

  • ライティング
  • データ入力
  • WEB制作
  • プログラミング
  • 翻訳

など自宅できる仕事ばかりですが、これで人生変わった人はいるでしよう。

たとえば、子育てをしながら自宅で仕事ができるなんて、とても素晴らしいことですから。

 

クラウドワーカーの収入面は厳しい

と言いながら(笑)、「クラウドワークで人生が変わった!」という人はいても、その数はまだまだ少ないはずです。

その理由はクラウドワーカーの収入にあります。

Sponsored Link


 

相当高いスキルなどがあれば別でしょうが、基本的にクラウドワークは下請けのような立場ですので、報酬はかなり安く抑えられてしまいます。

時給換算したら、それこそ地方の高校生以下ほどになってしまい、泣きたくなるケースも少なくないでしょう(笑)

そして、クラウドワークのマッチングサイトが取る手数料もバカになりませんからね・・・。

 

ストレスは少ない、もしくは完全にない

しかし、クラウドワークの大きなメリットとしては、ストレスはかなり少なく仕事ができることです。

人によっては、ストレスを全く感じずに楽しく仕事をしている人もいるでしょう。

クラウドワークは自宅で仕事ができますし、そもそも嫌な仕事は受けなければいいだけですからね。

 

毎日仕事でストレスばかりの人にとっては、たとえ収入が下がったとしても、クラウドワーカーというスタイルはとても魅力的に感じることもあるでしょう。

また、若いうちからセミリタイアをして、生活費をクラウドワークで稼ぐようなスタイルもいいですね。

 

副業での利用は大いにアリ

ここまでのところを踏まえて考えると、クラウドワーク一本で生活していくのは難しいとしても、とりあえず副業としてトライしてみるのはアリですよね。

現在は、国としても副業を推進しているということもありますので。

 

そして、クラウドワークを始める際に何かお金を取られることはありませんので、興味があれば気楽にやってみるといいですよ。

逆に、「登録料」などと言ってお金を取るようなクラウドワークサービスは怪しすぎるので、気をつけてくださいね。

 

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ