ドコモショック(通信株大暴落)とKDDI・楽天の提携から分かったこと

こんにちは、セミリタパパです。

昨日の通信株は大きく下落しましたね。

Sponsored Link

 

通信大手3社の下落率

昨日の通信大手3社の下落率は下記の通りです。

NTTドコモ:-14.71%
KDDI:-16.15%
ソフトバンクグループ:-8.16%

ソフトバンクグループは通信事業だけはないということもあってか、ドコモとKDDIが今回の「ドコモショック」の影響を思いっきり食らったという形になりました。

 

きっかけはドコモの発表

ちなみに「ドコモショック」というのは、僕が勝手に名付けてしまいましたが(笑)、昨日の通信株大暴落のそのきっかけを作ったのは、ドコモのこの発表です。

 

来年年春から現在の2~4割携帯代が安くなるプランを投入するそうなのです。

ユーザーにとってはうれしい話しなのですが、ドコモは

年間4000億円規模のユーザー還元により、当面は減益となり、2021年度の営業収益は5兆円を見込んでいるが、顧客基盤を強化することで、2023年度には2017年度と同水準となる、営業利益9900億円まで回復させる見込み。

 

と、減益見通しも合わせて発表してしまいました。

投資家としては、ユーザー還元を補える対策を当然期待していましたが、ドコモからはそれはありませんでした。

これが、暴落に大きな影響を与えてしまいましたね・・・。

 

KDDIの発表

そしてKDDIは、すかさずこのような発表をします。

 

要約すれば、

Sponsored Link


「ウチ(KDDI)は、すでに約3000億円規模の値下げをやっているんだから、今回のドコモさんの発表に影響されて、追っかけていくようなことはないよ」

ということです。

 

しかし市場は、KDDIも思いっきり売り叩きました。

市場は、

「・・・とか言ったって、ドコモに習って、ある程度横並びの感じでやってくるんでしょ~」

と見たのではないでしょうか?

 

個人的考察

そしてここからは個人的な考察なのですが、僕がちょっと気になったのは、KDDIの別の発表です。

 

KDDIが楽天と提携するというのです。

業界大手3社の一角であるKDDIが、今度業界に殴り込んでくる楽天と提携するというのです。

 

・・・訳が分かりませんよね(笑)

「今回の提携に関しては、決済とか物流などでKDDIにも旨味はある」という感じでは言っていますが、本音としては、

 

これでしょうね。

楽天はこれから参入してくるといっても、まだ自前の通信網が整っていないので、大手3社のどこかにそれを借りなければなりません。

そのような状況で、KDDIとしては、

「ドコモと楽天が組まれたら、かなりヤバいじゃん・・・」

と思ったわけです。

 

これは投資家の不安を煽り、株価下落の一因となってしまったのではないでしょうか?

昨日の値下げ率は、KDDIが一番でしたからね・・・。

  • 政治家からの携帯料金値下げプレッシャー
  • 楽天の参入

このような状況がある中で、大手3社はどのように進んでいくのでしょうか?

 

今回の件で個人的に強く思ったのは、

「プレッシャーとか新規参入が気になるのは分かるけど、一番大事なのは、今後さらに業績を伸ばす方策を打ち出すことだよ!」

ということです。

そもそも業績が順調に伸びていくのであれば、特にドコモにとっては、今回の件は大した問題ではなくなりますので。

とにかく、通信業界は今後も要チェックですね。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ