バカの一つ覚えである「ドルコスト平均法」だって勝てるのは嘘じゃない!でも、もう少し頭を使えばもっと勝てますよ

おなじみの「ドルコスト平均法」ですが、今回のコロナショック大暴落で、怖くなってやめてしまった人は少なくないでしょうね・・・。

しかし、ドルコスト平均法も続けていれば、パフォーマンスはいいようです。

さらに、もう少し頭を使えば、もっと勝てるようになりますよ。

Sponsored Link

 

ドルコスト平均法とは?

ではまずドルコスト平均法についてですが、ここで僕が、今さらえらそうに説明する必要はないですよね(笑)

もし分からなかったら、下記サイトをご覧ください。

(「ドルコスト平均法とは」で検索したら、一番上に出てきました。)

 

ドルコスト平均法って勝てるの?

そしてドルコスト平均法と言えば、よく

「初心者にオススメの投資法です!」

というような感じで紹介されていることが多いです。

 

・・・多いですが、

「ドルコスト平均法って、本当に大丈夫なの?」

と思われたのは僕だけではないでしょう(笑)

 

そんな中で先日、この疑問に対して答えを出していたユーチューブを見つけました。

 

これによれば、

Sponsored Link


  • バブル絶頂期からスタート
  • 投資対象は日経平均株価
  • ドルコスト平均法で毎月1万円投資

このような投資を行っていたら、2020年3月時点で、

  • 積立総額:364万円
  • 時価評価:488万円
  • 含み益:124万円

というようになっているそうです。

 

「バブル時から投資を始めるなんて、バカだよ~」

と誰しもが思うところですが、そこから始めたとしても、コツコツとドルコスト平均法で投資をしていけば、日経平均株価が1万円割れのところなどでも投資をしていくことになりますので、トータルではいい感じになるということですね。

僕が検証したわけではないのですが、ドルコスト平均法は嘘ではないようですよ(笑)

 

やっぱり「安い時に買う」

ということなんですが、正直どうでしょう?

ドルコスト平均法って、やっていてつまんないっすよね(笑)

なので、もう少し頭を使って、もっと勝てる手法で投資することをオススメします。

それは・・・

 

  • 安い時に買う

ということです。

実際は全然頭を使っていないのですが(笑)、僕が実践しているのがまさにコレなんですね。

2018年12月もそうですし、

 

今回のコロナショックでもそうしました。

 

そして上記で紹介したユーチューブでも、日経平均株価が1万円を割った時に、積立額を1万円から2万円に増やしたら、トータルの含み益は60万円アップしていましたよね。

やっぱり、安い時に買えると強いんです。

オススメですよ。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ