営業マンはもう必要ない時代

こんにちは、セミリタパパです。

なんだかもう、営業マンは必要ない時代になってきちゃいましたね・・・。

Sponsored Link

 

ネットでいくらでも調べられる

というのも、今は何か欲しいものがあれば、ネットで納得できるまで調べられます。

なので、家や車など高額なものでさえも、

「詳しくは営業マンに聞いてみよう!」

なんて思う人は、かなり少なくなってきているのではないでしょうか?

・・・逆に営業マンに相談したら、カモられることも多いですからね。

 

ちなみに僕は家を買ったことはありませんが、車は何度か買ったことがあります。

そしてその際、営業マンに聞くのは車の価格だけです。

(家賃と同じく、値切り交渉はしっかり行いますが 笑)

 

理解できないものは買わなければいいだけ

「いやいや、自分で調べて分からないことは、やっぱり営業マンに相談したいよ~」

なんていう人がいるかもしれませんが、今はこれだけ情報が溢れている時代です。

Sponsored Link


自分で調べてまくって分からなかったことは、営業マンも分からない可能性が高いですよ(笑)

 

普通には売れないものを営業マンが売る

そして営業マンの仕事というのは、普通に売れないものを売る仕事だとも言えますよね。

普通に売れるものに関しては、別に営業マンは必要ありませんので。

なので、中途半端に営業マンの話しを聞いてしまうと、いつの間にか何か買ってしまい、後悔してしまうかもしれませんよ・・・。

 

営業マンが売っているものは営業マンのコストも乗っている

そして、「営業マンが売っているものには、営業マンのコストとも乗っている」ということも忘れてはいけません。

営業マンから買うすることで、購入額が跳ね上がってしまうことは、けっこうあることなのです。

その辺りに関しては、欲しいものがあれば一度ネットで価格を調べてみることで、営業マン絡みでものを買うのが、バカらしくなってくるでしょう。

営業マンに頼らずに、自力で情報を集めて物を買うだけで、かなりの節約になるということですね。

 

時代は変わった

僕が大学生3年生の時に就職活動をしていた時は、圧倒的に営業職の募集が多かったです。

というより、営業職以外の職に就いた人は周りにいなかったくらいです。

・・・しかし現在は、時代が変わってしまいました。

今後はさらに、営業という職種はなくなっていくでしょうね。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ