もしFAANGの株を安値で買えていたら

こんにちは、セミリタパパです。

もしFAANGの株を安値で買えていたら、宝くじに当たったくらいの利益を得られたかもしれませんよ。

Sponsored Link

 

楽しいシミュレーション

「FANNGとはなんぞや?」ということについては、下記の記事をご覧いただくとして、

 

早速、下記記事の楽しいシミュレーションを見てください。

 

この記事のシュミレーションによれば、FANNGの株を安値で買っておくと、

フェイスブック:約5倍
ネットフリックス:約326倍
アップル:約8,000倍
アマゾン:約865倍
グーグル:約22倍

このくらいになっていたということです。

・・・なんだかニタニタしちゃいますね(笑)

 

そして、アップルのIPO時の1980年は、まだ子供だったので無理ですが、その他の銘柄に関しては、このシュミレーション時期に、僕も投資することができたのです。

しかしその時期に、僕のアンテナは全く立っていませんでした。

思いっきり圏外でしたね・・・。

 

ネットフリックスとアマゾンのチャートを冷静に見てみる

このような楽しい話しの途中で恐縮なのですが、やはりどうしても気になることがあります。

Sponsored Link


上記記事の、ネットフリックスとアマゾンの株価チャートを見てください。

・・・どう見ても上がりすぎですよね。

「ふざけてるんじゃないか?」と思うくらいの上がりようです。

 

今投資する理由がない

なので、これらの銘柄に今投資するのは、明らかに無謀だと思います。

今投資する人は、

「自分はバ~カで~す!」

と言っているようなものとしか思えないのです。

 

暴落した時はおもしろいかも

ただし、これらの銘柄か暴落した時はおもしろいかもしれませんよ。

企業自体は素晴らしいですからね。

安い時に買えれば、将来的には笑いが止まらくなる可能性は少ないないでしょう。

 

ひたすら待つ

ただし、今はその時ではなさそうです。

なので、ひたすら待ちましょう。

のちに「何とかショック」と言われるくらいの暴落をです。

そうすることによって、ウォーレン・バフェットも大切にしているという安全域が確保できます。

 

素晴らしい企業の株を、安全域が確保できた状態で持てれば、言うことはありません。

なので、とにかくその時期を待ちましょう。

 

・・・と言っても、その待つことが大変ですよね。

今買っておかないと、損をする気になってしまうこともありますよね。

 

しかし、世界では大きな動きがあります。

米中の貿易戦争、欧州やトルコ、アルゼンチンの問題など、どこかひとつに火がつけば、株価は大暴落する可能性があります。

リーマンショックから、もうそろそろ10年です。

何が起きても、おかしくありませんよ・・・。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ