「投資をするなら早ければ早い方がいい」その理由は「複利が効いてくるから」

こんにちは、セミリタパパです。

どうせ投資をするなら、早ければ早い方がいいです。

なぜなら、「複利」が効いてくるからです。

Sponsored Link

 

複利が効いてくる

投資を早く始めれば始めるほど、複利が効いてきます。

この複利効果というのが、めちゃくちゃ大きいのです。

(複利、そして単利の説明下記が分かりやすいです。)

 

複利は、時間とともに上昇カーブが急角度になってきますからね。

ひとつ具体例を挙げていきましょう。

僕は昨年の25日に、JTとNTTドコモに総額約2,000万円分投資しました。

購入当時の平均配当利回りは5.25%で、その後増配もあり、現在の年間配当収入は約111万円です。

 

JTもNTTドコモも、過去の推移から見ると、配当は増配傾向です。

ではこの2企業が今後、前年度の配当に対して毎年5%ずつ、増配してくれるとしましょうか?

複利が効いてきますよ~

具体的には、

10年目:1,808,073円

20年目:2,945,160円

30年目:4,797,356円

となります。

 

ちなみに単利ですと、

10年目:1,665,000円

20年目:2,220,000円

30年目:2,775,000円

このようになります。

(下記のサイトで計算してみました)

 

10年後の差はたいしたことはありませんが、30年後の差はなんと200万円以上にもなります。

ヤバいですよね(笑)

改めてですが、複利は時間とともに上昇カーブが急角度になってきます。

Sponsored Link


だからこそ、複利を効かせたいのであれば、できるだけ早く投資を始めた方がいいのです。

 

お金の余裕ができると、人生が明るくなる

このように数字で見れば一目瞭然なのですが、投資を早く始めると精神的にもいいことがあります。

投資を早めに始めれば始めるほど、お金の余裕ができますよね。

お金の余裕ができると、人生は明るくなるものですよ。

 

たとえば現在サラリーマンであっても、配当収入が月に数万円あるだけで、

「俺は、給料とは別の収入あるもんね~!」

という感じで、なんとも言えない優越感に浸ることができるのです(笑)

そのような心の余裕も、ぜひ味わってほしいものなのです。

 

失敗するのも早い方がいい

そして投資ですから、いきなりうまくいくことはないかもしれません。

また、「投資を始めてから、100戦100勝で勝ち続けている」なんていう人はいないでしょう。

そういうことも踏まえて、失敗するのも早ければ早いほうがいい、ということもありますよね。

 

特に自分の投資法を確立するまでは、失敗を重ねて、ブラッシュアップしていく必要があります。

僕も自分の投資法を確立するまでは、いろいろとやらかしましたので(笑)

また、頭では分かっていたつもりでも、投資では自分の大事なお金を投資するので、感情が想像以上に揺れ動きます。

それでもけっこうやらかしたりして(笑)、なんだかんだで痛い目に遭いながら成長してきた感じです。

 

僕はそんなに器用な方ではありませんが、株式投資は20代半ばからスタートしまして、その早めのスタートを切ることができたのは、かなり良かったことだと思っています。

今思えばですが、株を高校生くらいから始めることができていたら、現在はとんでもないことになっていたでしょうね。

・・・妄想です(笑)

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ