「配当収入が月5万円を超えるとこんな生活になる」具体例

こんにちは、セミリタパパです。

ありがたいことに、今年の配当収入は現在で107万3,600円入る予定ですので、月額換算ですと、税金を差し引いても5万円は余裕で超えてきます。

ちなみに配当収入が月5万円を超えると、生活はこのような感じになりますよ。

Sponsored Link

 

単身者用のアパートであれば、家賃に当てられる

配当収入が月5万円あれば、単身者用のアパートであれば、家賃に当てることができますね。

さすがに都内のど真ん中では無理ですが(笑)、5万円で住めるアパートはけっこうありますよね。

なので独身であれば、毎月の家賃は保有している株の企業が、配当金で支払ってくれる形になるわけです。

いいですよね~(笑)

家賃はひと月にかかる生活費で一番大きいので、これを配当収入で支払えるのはかなり大きいです。

 

その辺のお父さん以上のお小遣いを不労所得で得られる

また別の角度から見てみると、配当収入が月5万円を超えるということは、その辺のお父さん以上のお小遣いを、配当金という不労所得で得られるということになります。

世の中の多くのお父さんのお小遣いは、月1万円とか月3万円とかですよね。

・・・かなり大きくないですか(笑)

 

年間60万円を再投資することができる

また配当収入が月5万円あって、それを何かに使う必要がないのであれば、年間に60万円という金額を再投資して複利運用していけば、配当収入はさらに大きくなっていきますよ。

複利の効果は、はっきり言って最初の方は正直大したことがありませんが(笑)、中長期で運用していくことによって、どんどん膨れ上がっていきますからね。

Sponsored Link


下記にあるサイトでシミュレーションしてみてください。

思わずニタニタしてしまいますよ(笑)

 

毎月5万円の配当収入を得るには?

では、毎月5万円の配当収入を得るには、どのような投資をしていけばいいのでしょうか?

たとえば、僕が昨年末にした投資では配当利回りが5%を超えましたので、分かりやすく配当利回り5%で運用できるのではあれば、資金はざっと1,500万円必要だということになります。

 

この,500万円ですが、このくらいの金額であれば、預貯金だけでも十分いけます。

・・・いけるのですが、なかなか先は長いですよね(笑)

なのでどうせなら、その資金も株式投資で作ってしまえばいいと思います。

株式投資の方が、預貯金よりもお金が大きくなるスピードは速いですので。

まだ資金が小さいのであれば、リスクを取って中小型株で運用していくのもひとつでしょう。

 

ただしリスクは大きくなりますので、自分の投資が通用するものなのか、過去のデータから検討していくことも必要になってきますよ。

 

配当収入は生活を変えてくれる

僕はこのところ、かなり配当金を意識した投資戦略を立てていて、実際に実行もしています。

そして現在は約2,000万円を 配当利回り5%以上で運用していますが、なかなかいいものですよ(笑)

また、ゆくゆくは配当金だけで生活していけるよう、さらに戦略を練っています。

 

昨年末の暴落はウソのように、現在の株式市場はまた調子が良くなっているように見えますが、今年はここから1,2回くらいは絶好の買い場が来るのではないかと思っています。

そこでしっかり投資をして、配当収入もさらに増やしていきたいですね。

配当収入が月5万円を超えるとけっこう生活が変わりますが、それが月10万円、15万円と増えていけば、さらに素敵な生活が送れますので(笑)

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ