人に何かを相談しようと思ったことがない理由

こんにちは、セミリタパパです。

僕はこれまで、人に何かを相談しようと思った記憶がありません。

学生のころの進路でさえも、親に相談したことはありません。

Sponsored Link

 

自分のことは自分が一番よく知っている

理由は単純で、自分のことは自分が一番よく知っているからです。

子供のころから生意気にもそう思っていましたが(笑)、40歳を過ぎたおじさんになっても、この考えが変わることはありませんでした。

僕以上に僕のことを知っている人はいないので、誰かに何か相談することは、無駄こととしか思えないのです。

 

どうしたいかは自分に聞けばすぐ分かる

そして、「人に何かを相談する」ということは、何かに悩んでいる状態かと思うのですが、人に相談しなければならないくらい悩んでしまうということも不思議です。

何かに悩んだとしても、どうしたいのかは、自分に聞いてみればすぐ分かりますので。

周囲の目や世間体などを気にしなければ、悩みの答えなんて、けっこう簡単に出るものだと思います。

 

(セミリタイアなんて、世間体が悪いことをやっている僕がこんなことを言っても、説得力はないかもしれませんが 笑)

Sponsored Link


 

人からの相談には、基本即答

こんな僕ですので、人から何か相談されても基本的に即答します。

「自分に聞いてみたらいいよ~」

これだけです。

ただし、好みの女性からの相談にはじっくり耳を傾けるのは言うまでもありませんね(笑)

 

妻もこんな感じ

ちなみに、僕の妻もこのような感じなのです。

なので僕たち夫婦は、お互いに悩み相談というものをしたことがありません。

僕がセミリタイアしたいと言った時も、妻は、

「おもしろそうじゃ~ん!」

くらいのノリでしたので。

かなり軽かったです(笑)

 

人に相談するのは時間のムダ

ということで僕は、そしておそらく僕の妻も、人に何か相談するのは時間のムダだと思っています。

悩んでいる時間があったら、その分決断を早めてやるべきことをやり始めば、そちらの方が結果的に、人生にはプラス効果が大きいと思っています。

 

リスクがなければ、ガンガンやっていけばいいだけです。

なので、好きな異性にはガンガン告白していけばいいのです。

またリスクがあれば、そのリスクについてしっかり把握をして、許容できるのであればトライしていけばいいだけです。

 

ちなみに僕は投資では、

リスクを抑える

ということかなり重要視しています。

だからこそ、ここまで消えずに残ってこられたとも思っています。

 

・・・投資の方に話しがいってしまいそうなので、戻します(笑)

今回の記事をまとめると、何かに悩んだら、ぜひ自分に聞いてみてください。

自分のことは自分が一番よく知っているのですから。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ