インカムゲインを再投資できる状況を作れたら最強。具体例も

こんにちは、セミリタパパです。

配当金などのインカムゲインを再投資できる状況を作れたら、かなり最強ですよ。

Sponsored Link

 

「インカムゲインを再投資できる状況」とは?

ではまず、「インカムゲインを再投資できる状況」とはどういう状況なのかということなのですが、配当金などのインカムゲインを再投資できる状況というのは、

  • 生活費には困っていない

という素晴らしい状況なのです。

 

もし、給料などの収入だけでは生活していくのが難しい状況の中でインカムゲインがあるのなら、当然それを生活費の足しにしていきますよね。

しかし、給料などインカムゲイン以外の収入で充分生活費をまかなうことができたり、またインカムゲインが大きく、インカムゲインで生活費をまかなっても、まだインカムゲインが余るような状況であれば、それを再投資していくことが可能になります。

 

インカムゲインを再投資したらこうなっていく

そして、インカムゲインを再投資していったら、こんな素敵なことになりますよ。

僕の例で、見て行きましょう。

 

現在僕は、株に約2,000万円投資をしていて、投資時点の配当金利回りは5.25%でした。

その後JTが増配してくれたので、現在の年間配当収入は約111万円、税引き後の手取り配当収入が年間で約89万円です。

 

では、この年間89万円のインカムゲインを丸々再投資して、年利5.25%の複利で回せたらどうでしょうか?

下記のサイトなどでざっくりでも計算してみてください。

 

・・・どうですか?最強ですよね(笑)

Sponsored Link


 

インカムゲインに即効性はないので軽視されがち

このように、インカムゲインってヤバいのです(笑)

そして、インカムゲインを再投資できたら最強なのです。

 

・・・しかし、です。

一般的には、残念ながらインカムゲインは軽視されがちです。

その理由は明らかで、投資ではインカムゲインよりもキャピタルゲイン(値上がり益)を、多くの人が欲しているからです。

 

確かに、インカムゲインは即効性がありません。

株の配当金でも、利回りは年に数パーセントというところですからね。

それに対してキャピタルゲインは、

「1年で株価が倍になった!」

みたいなことがありますので。

 

インカムゲインに関しては何もしなくていい

ただし、インカムゲインの大いなるメリットがあります。

たとえば株で言うと、配当金というインカムゲインをもらうためにすることは、何もしなくていいのです(笑)

ただ株を買って、持っていればいいだけなのです。

 

それに対してキャピタルゲインを狙おうと思ったら、買った株をよいタイミングで売って利益を確定させなければなりませんが、株の売り時というのは、少し間違えただけて利益が大幅に減ったり、場合によっては損失となってしまうことすらあるのです。

株の買い時もそうですが、株の売り時も難しいのです。

そして、

「この株はいつ売るべきかな・・・」

と、いつも株式投資について頭を悩ませることになり、それがけっこうストレスなってしまうのですよね・・・。

 

最終的にはインカムゲインに注力するのが最強

なので個人的は、投資というのは、最終的にはインカムゲイン注力していくのが最強だと思っています。

僕は現時点では、インカムゲインとキャピタルゲインの両方を狙って、投資戦略を立てています。

ただ、10年後までにはインカムゲインに注力した投資を完成させて、余ったインカムゲインとガンガン投資に回して、どんどん資産を大きくしていきますよ。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ