フリーターを一生やっていく生活も今の日本ならアリな理由

こんにちは、セミリタパパです。

個人的には今の日本であれば、フリーターを一生やっていくという生活もアリだと思っています。

Sponsored Link

 

バイトは山のようにある

というのも今の日本には、バイトは山のようにありますよね。

なのでやる気さえあれば、何かしらのバイトをすることはできます。

そして、中高年でもできるバイトもかなり多いですので、年齢もあまり障害にはなりません。

一生フリーターでやっていく環境は、整ってはいるのです。

 

親は子供にサラリーマンになってほしいもの

とは言っても、世の中の大多数の親は、

「自分の子供には、しっかりとした会社に入って、安定した生活を送ってほしい」

と思うものです。

「自営業やバイトなんて不安定な職業は、できるならやめてほしい」と思ってしまうのが親心というものですよね。

 

サラリーマンでも安心感なんてない時代

しかし、みんなもう気づいています。

特にサラリーマンの人自身が気づいています。

サラリーマンには安心感なんてない

ということをです。

 

むしろ、サラリーマンでも、「この先、今の仕事を続けていけるのか?」「今の会社はあとどのくらい持つのか?」などの不安を持っている人の方が圧倒的に多いはずです。

なので最近は、サラリーマンで副業を始めている人が増えているわけですよね。

 

そしてストレスも半端じゃないですし、まだまだ残業や休日出勤を強いられることもあるでしょうから、「時給で考えると、結局バイトの方がいい」なんてケースも少なくないでしょうね・・・。

Sponsored Link


「サラリーマンは安定していて安心できる」という時代なんて、本当にあったのかとさえ思ってしまうほどです。

 

世間体が気になるかどうか

なのでもう後は、世間体が気になるかどうかだけではないでしょうか?

もちろんサラリーマンに比べて、自営業、さらにバイトは世間体が確かに悪いです。

ちなみに僕のセミリタイア生活なんて、世間体最悪です(笑)

 

僕はもうサラリーマンはできない

しかしその世間体さえ気にしなければ、かなり自由な人生を送ることができますよ。

ちなみに僕は、もうサラリーマンはできません。

そういう体になってしまいました(笑)

 

僕は現在自営業で、その前はサラリーマン、そして学生時代にバイトをしたことがありますが、この中ではダントツにサラリーマンが大変でした。

もう、たとえ年収1億円もらえても、サラリーマンは無理でしょうね・・・。

なのでもし、今の自営業が嫌になったりダメになったら、バイトします。

現在の資産的には、僕がバイトでも生活するには全然問題ありませんので。

 

逆に、たとえ資産ゼロになったしても、サラリーマンをやることはありません。

たとえば月収30万円稼がなければならなかったら、サラリーマンでその月収を稼ぐのではなく、深夜のコンビニで毎日働き、1日に1万円×30日=月収30万円稼ぐ道を選びます。

たとえ労働時間が長くなったとしても、サラリーマンをやる何百倍も精神的には自由だと思いますので。

 

あの赤塚不二夫もこんなことを言っています。

人間は寝、メシ食って、酒飲んで、暮らしていけるだけの金があればいいんだよ。

残したって仕方ないんだよ。

赤塚不二夫

 

僕はお金が大好きですが、金の亡者にはなりたくないものです。

お金よりも大切なものを、しっかり大切にしていきたいですね。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ