これなら自分にもできそう」だと思うことをやるだけ

こんにちは、セミリタパパです。

結局、自分にもできそうなことをやるだけですよね。

Sponsored Link

 

「自分にもできそうなこと」はできること

この記事を読みました。

 

この方は新聞配達からスタートして、現在不動産からの家賃収入は、月間4億円とのことです。

年間4億円ではありません、月間4億円です。

なので年間ですと、48億円の家賃収入があるということです。

最高ですね(笑)

 

そして、この記事の中で僕が注目して点があるのですが、この方が不動産投資をしようと思ったのは、

・・・そこでAさんはどんな豪腕オーナーなのかと気になって調べてみたんですが、どうやら資産家でも地主でもない、ごく普通のおじさんらしいということがわかりました。それなら自分にもできるだろうと。そこから本格的に大家業を目指すようになりました。

 

これがきっかけだったということなのですが、実は僕もこのように思ったことがあります。

というのは、そもそも僕が株式投資を始めたのは、父の影響が大きいです。

具体的に父から何か教わったわけではなきのですが、株式投資をしていた父の本棚には、株式投資関連の本がたくさんありました。

Sponsored Link


 

いつの間にか、それらの本を何となく手に取って読むようになったのですが、そのうちに、

「自分も株、できそうだな・・・」

このような気持ちが沸き上がってきたので、実際に株式投資を始めたのです。

それからトライアンドエラーを何度も繰り返しましたが、結局僕は株式投資のおかげもあって、今くらいの資産を築くことができたのです。

 

ダメなら途中でやめればいいだけ

ちょっとかっこつけて話してきましたが、もちろん、できそうだと思ったのに、できなかったこともたくさんあります(笑)

あるのですが、できなかったことがどのようなことだったかは、実はあまり覚えていないのです。

 

というのは僕の場合、とりあえず興味のあることはリスクを抑えてやってみて、ダメだったり、面白くなかったものは、途中ですぐにやめる、ということを繰り返しているからです。

できそうなことを片っぱしからやってみているので、何ができなかったことなのかは、数が多すぎていちいち全部覚えていないのです。

 

確率より数で勝負

なので、確率より数で勝負している感じですね。

ナンパでたとえると、自分のどストライクの女性数人にだけ声をかけて、その日収穫が何もないよりかは、

「まあアリかな~」

と思える女性に片っぱしから声をかけて、その日楽しく遊べた方がいいわけです。

 

・・・まあこのたとえは忘れていただいても(笑)、とりあえず自分でもできそうだと思ったことは、片っ端からやってみるといいですよ。

その中で何かひとつでも残って、それが人生を大きく変えてくれるかもしれませんから。

とりあえず、やってみましょう。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ