ジム・ロジャーズが僕の考えを代弁してくれています

こんにちは、セミリタパパです。

今朝、たまたまジム・ロジャーズのインタビュー記事を見たのですが、僕と考えがかぶりまくっていて、まるで僕の考えを代弁してくれているようでしたので、今回はご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

 

問題はすでに起こっている

ちなみにジム・ロジャーズとは、あのウォーレン・バフェットやジョージ・ソロスとともに、「世界三大投資家」と呼ばれることもあるくらい、超有名な投資家です。

そのジム・ロジャーズのインタビューがこちらなのですが、

 

では具体的に、どの辺りが僕の考えがかぶっているのか、ひとつずつご説明していきますね。

まず一つ目は、

株式市場に悪影響を及ぼすような問題は、すでに起こっている

ということです。

 

インタビューの中では、

私には、世界経済はすでに問題を抱え始めているように見える。往々にして大きな問題は、皆があまり注目していないようなところから起きるものだ。たとえば(リーマンショックの前の)2007年の経済危機は小国のアイスランドから始まり、世界に広がっていった。

現在はラトビアやアルゼンチン、トルコなどが危機に直面している。だから、問題はすでに始まっているんだ。(それが世界的な大きな問題に発展するまで)あと1年かかるか2年かかるかはわからないが、その兆候はすでにある。

 

と、ジム・ロジャーズは語っています。

最近ですと、米中貿易戦争関連が多く報道されていますが、僕としてはそれ以外もう、かなりあちこちで問題が起こっているようにしか思えないんですよね・・・。

 

強気市場の反動はいずれくる

そして、ジム・ロジャーズと僕の考えをかぶっているところの二つ目として、

強気市場の反動はいずれくる

ということがあります。

 

ジム・ロジャーズは、インタビューでこのように言っています。

Sponsored Link


すでに、アメリカは10年以上経済に問題を抱えたままだ。遅くとも2019年にはそれが深刻な問題を引き起こすだろう。株を売るべきか? アメリカの歴史上、ここまでブルマーケット(強気市場)が続いたことは、例がない。一度もだ。

 

これだけ長く続いた強気市場の反動は、いずれくると考えるのが自然ですよね。

「ジム・ロジャーズと僕の考えがかぶっている」というよりは、大方の見方がこうでしょうけど(笑)

 

自分の知っているもの・理解しているものに投資すふべき

では、株式市場がこれから大きく下げた時に、どのような銘柄を買えばいいのでしょうか?

それは

自分がよく知っている、よく理解できいる銘柄

です。

 

これはジム・ロジャーズがインタビューでも同じようにほぼ全く言っています。

また僕も、このブログで再三言ってきたことです。

 

僕は、ジム・ロジャーズのインタビューの中で、この部分を読んだ時に思わず、

「結局そうでしょ~」

と、心の中で突っ込んでしまいました(笑)

 

現金を持っておく

では、いずれ訪れる株式市場の下落に備えて、現時点では何をしておくべきなのでしょうか?

その答えは、

現金(キャッシュ)を持っておく

といくことです。

 

ジム・ロジャーズもインタビューで、

―では、アメリカや世界の株がこれからさらに下落するとしたら、ロジャーズさんは何に投資しますか? 国債などアメリカの債券ですか? 金? それともキャッシュポジションを厚くしたほうがよいのでしょうか?

その3つの中から選ぶのなら、私はキャッシュポジションを厚くすることを選ぶね。もし、金価格が1トロイオンス(約31.1グラム)あたり1000ドル(約113万円、現在は1200ドル台前半で推移)よりも下がることがあれば、金をそれこそたくさん買いたいけれど。債券はいらないな。その3つなら、キャッシュだ。

 

このように答えていますし、僕も2017年に持ち株をすべて売って現金化し、いずれくる市場の下落に備えています。

 

世界三大投資家のひとりと考えが多くかぶるなんて、ちょっと自信になりますね。

・・・それより、早く市場が動いてほしいのですが(笑)

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ