【悲しき速報】JT(7,300株)すべて売りました。マイナス102万円です・・・。

こんにちは。セミリタパパです。

悲しき速報をお届けします・・・。

Sponsored Link

 

■JTを全株損切り

この記事は11日早朝に書いていますが、10日に保有していたJTを7,300株すべて売りました。

具体的には、平均単価2,330円で買っていまして、1,944円ですべて売りましたので、これまでの配当収入を含めても、残念ながらマイナス102万円となってしまいました・・・。

 

■なぜJTを損切りしたのか?

では、なぜJTを10日にすべて損切りしたのかと言いますと、ひと言で言えば、

  • 配当が減配になったから

ということです。

 

9日に株式市場が閉まったあと、JTの2020年度の決算が発表されましたが、そこで、

  • 配当金が1株154円から130円に減配

ということが発表されました。

 

そこで僕は、

「あ~、JT(は自分の中で)終わったわ~」

と思ったんですよね。

というのも、下記の記事にも書いていますが、

 

僕がJTを買った大きな理由は、

  • 安定的な配当

だったわけです。

しかし、今回の減配でそれは崩れてしまいました・・・。

 

ということは、僕の株式投資のルール上では、もうJTは持っていてはいけないということになります。

Sponsored Link


下記の記事で言いますと、

 

  • その銘柄を買った理由に関する状況に変化があった時

それが「JTにとっては減配」だったということなんです。

 

実はJTをこのタイミングで売ろうと思っていた

ということで、今回はマイナス102万円でJT株を手放したわけなのですが、実はこのJT、少し前から全株売ろうと思っていたんです。

どのタイミングで売ろうと思っていたのか、それは、

  • 平均購入単価とトントンになる2,330円

なので、JTの株価がここまでいくことをずっと願っていたのです。

 

ちなみに、なぜJTを売ろうと思っていたかと言いますと、まず下記の記事でも書きましたが、

 

  • 配当性向が上がっていた

これがひとつです。そしてさらに、

  • JTの業績発表を見ていると、(僕としては)光が見えなかった

ということもあります。

これらの理由から、

「遠くない将来、「その銘柄を買った理由に関する状況に変化があった時」がJTには訪れるから、その前にトントンで売っちゃおう・・・」

と思っていたわけなんです。

 

そして最近のバブル相場で、JTの株価は2,100円を超えるところまで来ていたので、もう少しだったのですが・・・。

・・・という感じです。

 

10日にJT株をすべて売った後、

「もう少し早く損切りできなかったかな~?」

と、少し考えてみたのですが、

「過去に戻れても、それは無理だったろうな~」

という結論に至りました(笑)

今回のJTはもう終わったことですので、次に行きたいと思います!

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ