「金融危機では株価は暴落するから、その時だけ買っておけばいい」の注意点

こんにちは、セミリタパパです。

「金融危機では株価は暴落するから、その時だけ買っておけばいい」という意見には大賛成ですが、ひとつ注意点です。

Sponsored Link

 

金融危機はもういつ来てもおかしくない

金融危機は10年に1度くらいはあるものですが、2008年のリーマンショックからもう10年になりますので、金融危機はもういつ来てもおかしくありません。

去年末の相場の動きも、なんだか変な感じでしたからね・・・。

そして金融危機では株価が暴落しますので、、多くの人が戦々恐々としている中で、絶好の買い場が訪れるのです。

 

現金を持っておく

なのでその時のために、株を買うための現金を用意しておきたいところです。

ちなみに僕は、そろそろ来るであろう金融危機に備えて、2017年までに持ち株はすべて利食い、キャッシュにして待ち構えていました。

 

そして、昨年末に日経平均が19,000円台に突入した時に、少し買いました。

まあ金融危機というほどではありませんでしたが、暴落ではありましたので、去年では一番いいところで買えたと思っています。

 

そして次の金融危機では、残りすべての現金を使って買いにいくまではしませんが(というより、ビビッてそれはできないですが 笑)、去年同様に数千万単位では買いにいきたいと思っています。

 

TOPIXや日経平均は買わない方がいいかも

ただし、ひとつ注意点があります。

Sponsored Link


TOPIXや日経平均連動型の商品は、買わない方がいいかもしれません。

というのは、下記の日経平均長期チャートを見てください。

 

日経平均は1989年12月に3万8957円をつけましたが、それから一度も高値を更新していません。

なので金融危機であっても、そこからTOPIXや日経平均などの指数がどうなるかは、ちょっと予想が難しいのです。

次の金融危機をきっかけに、また日経平均が1万円を割る可能性だってありますからね・・・。

ちなみに僕は次の金融危機で、日経平均は15,000円台に入ってもおかしくないと思っています。

 

よい企業の株を買う

なのでできれば、TOPIXや日経平均連動型の商品ではなく、長期投資目的で、よい企業の株を買うことをオススメします。

金融危機では大きく安全域を確保できますので、相当変な銘柄ではない限りは、中長期で見れば、損をする可能性はかなり低くなりますよ。

 

ちなみに昨年末の投資ですが、安全域をしっかり確保できていたため、現在では含み益が出ています。

この投資は配当金狙いでしたが、やはり含み益が出ているのはうれしいものですね(笑)

 

とにかく金融危機は、僕のような普通の個人投資家にとって、大・大・大チャンスです。

なので焦らず、次の金融危機を待ちたいと思います。

・・・待ち遠しいですね(笑)

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ