株は安い時であれば何を買ったっていいが、実際には買えない人が多い理由

こんにちは、セミリタパパです。

株は、「どの銘柄を買うか」よりも、「どのタイミングで買うか」が重要である場合も多いです。

そして、「株が安い時であれば、何を買ったっていい」くらいまで言える時もあるのです。

Sponsored Link

 

たとえば日経平均が8,000円を割った時

たとえば下記のチャートを見てみてください。

 

2000年以降は、2003年と2008~2009年に日経平均が8,000円を割りました。

そこで買えていたら、どんなに株が下手でも、まず儲かっていたことは容易に想像ができますよね。

僕の父曰く、

「今は借金してでも株を買う時だ!」

というタイミングでしたので。

 

たとえば「なんとかショック」が起きた時

また、「なんとかショック」が起きた時も大チャンスです。

たとえば2008年9月のリーマンショックで、株価は大暴落しました。

日経平均は、なんと7,000円を割ろうかのところまでいきましたよね。

そうです、そこでしっかり仕込めてきたら、今は笑いが止まらないでしょう(笑)

 

みんながビビっている時に買う明確な根拠を持つ

と、今はこんな感じで話していますが、下げ相場の時はなかなか買いにいける空気ではありませんよね・・・。

とにかくメディアなどが悲観的なことを言い続けるので、みんなビビります。

 

みんなビビってしまい、なかなか株を買いにいけないのです。

それどころか、我先にと投げ売りしてしまうのです。

 

しかし、みんながビビっている時こそ、株を買う勇気が必要なのです。

いや、「勇気」というあいまいなものではなく、みんながビビっている時に株を買う「明確な根拠」が必要なのです。

Sponsored Link


それがファンダメンタルズ分析なのか、テクニカル分析なのか、その他のことなのかは人によって違いますが、自分の中に株式投資を行う上でのルールを持ち、それを元に、みんながビビっている時に株を買いにいくことができれば、大多数の人とは違う行動を取ることになり、大きな利益を得るチャンスを手にすることができるのです。

そして、大多数の人とは違う行動を取ることこそが、株式投資で勝つためにはとても重要なのです。

 

ちなみに僕は自分の中で、みんながビビっている時でも株を買うことができる「明確な根拠」を持っています。

だからこそ、昨年の12月25日、日経平均株価が暴落した時に、自信満々で買うことができました。

世間では、

「日経平均は、19,000円を割っちゃうんじゃないの・・・」

という声もあった中で、僕は自分の投資ルールに則って、約2,000万円分の投資をしました。

 

ちなみにその投資は配当金狙いの長期投資目的でしたので、日々の株価変動は全然気にならないのですが、せっかくですので、昨日時点の含み益はこんな感じです。

やはり株は、安い時に買うに限りますね(笑)

 

買う銘柄は何だっていい

そして、とにかく安いところで買うことができるのなら、「買う銘柄は何だっていい」くらいまで言えることも多いです。

かなり安いところで買っているので、相当ひどい銘柄ではない限り、中長期で見たら上がっていきますからね。

たとえば下記の記事にある「下落率ランキング」に入っているような銘柄は避ければいいだけなのです。

 

なので、株は明確な根拠を持って、安いところで買っていきましょう。

ちなみに今年は、まだまだ安い場面が来るかもしれませんよ。

個人的には、日経平均株価は15,000円台に来てもおかしくないと思っていますので・・・。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ