いち家庭を見るように企業を分析すればいいだけ。4つの方法

こんにちは、セミリタパパです。

株式投資、特に中長期投資を行うのであれば、企業分析は必須です。

企業の分析は一見難しく感じますが、いち家庭を見るようにやってみると、意外と簡単にできますよ。

Sponsored Link

 

必要な生活費以上のお金を稼いでいるか?

まず、「その企業は毎月生活していくために必要なお金を稼いでいるか」という点に注目してみてください。

これは、

  • 利益をしっかり上げているかどうか

これを見るということです。

 

家庭でも、たとえ共働きでガンガン稼いでいたとしても、出費が多くて、毎月赤字ということでは困ってしまいますよね。

稼いでいても赤字であることは、家庭でも企業でも嫌なことなのです。

結婚相手が見栄っ張りで、浪費癖があったら最悪ですしね・・・。

 

大きな借金をしていないか?

次にその企業は、

  • 大きな借金をしていないか

これを確認してみてください。

 

家庭でも、大きな借金は大きな負担になりますよね。

Sponsored Link


企業もそれと同じで、大きな借金があれば、ちょっとした環境の変化によって、窮地に立たされてしまうことがあるのです。

 

同じビジネスを長期間継続しているか?

次に、

  • 同じビジネスを長期間継続しているか

これをを見てください。

 

家庭でも、ひとつの会社でずっと働い続けている夫と、転職を繰り返しまくっている夫、どちらの方が信頼できるでしょうか?

・・・同じことなのです(笑)

 

株主のことを見ているか?

そして、その企業は

  • 株主のことを見ているか

これも見てください。

たとえば、分かりづらい年次報告書を作るような企業は、株主の方を向いているとは言えませんよね。

 

家庭でも同じです。

夫が家庭を顧みず、外ヅラだけよかったり、外で遊びほうけているようでは、その家庭の将来は不安ですからね・・・。

 

自分なりに分かりやすく噛み砕いてみる

僕はこのような感じで、とにかく自分なりに分かりやすく噛み砕いて、起業を分析しています。

自分なりの方法ができれば、あとは片っ端から企業を調査していって、「これだ!」と思える企業の株に狙いをつけ、あと安いところを買うだけですからね。

 

僕はこんなことを考えながら、昨年末に下記の2銘柄を買いました。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ