金利を払いたくないなら「配当金」という形でもらう側に回るべきで、そのためにも借金はNGなのです

こんにちは、セミリタパパです。

金利はできれば払いたくないですよね?

なので、金利はもらう側に回るべきです。

そしてそのためにもまずは、「借金をしてはいけない」ということを理解するべきです。

Sponsored Link

 

人生で一度も借金をしたことがない

ちなみに僕は、これまでの人生で一度も借金をしたことがありません。

というのも、学校の奨学金などはまだしも、基本的に借金しないと買えないものなんて、身分不相応だと思っているからです。

 

しかし、多くの人は借金して車を買いますよね。

「50万円頭金で入れて、あとはローンで200~300万円くらいの車を買う」みたいなパターンが多いと思うのですが、

「それなら、50万円の中古買おうよ~」

と、いつもツッコミたくなってしまいます。

どう考えても、身分不相応ですので・・・。

 

金利はもらいたいが預貯金はバカバカしい

なので僕は、これまでの人生で金利を払ったことはなく、もらったことしかありません。

ただし今の時代、預貯金の金利なんてバカバカしい額であることは、もちろん分かっています。

金利0.01%という状況ですからね・・・。

「それなら、もう金利ゼロでいいじゃん!」

とは、個人的に思っているくらいです。

 

株の配当金は預貯金の金利に勝る

なので金利がほしければ、

  • 配当金狙いで株を買ってみる

ことをオススメします。

(厳密には、配当金は金利ではありませんが)

 

「この銘柄はとてもいいけど、配当金が少ないな・・・」

なんて思ったとしても、冷静になってみれば、預貯金の金利よりははるかにいいはずです。

Sponsored Link


ちなみに下記のランキングを見てください。

 

そうなんです、思った以上に高配当の銘柄は多いのです。

これを見たら、預貯金なんてバカバカしくなりませんか?

僕はバカバカしくなったので、株式投資をやっています(笑)

 

リスクを取って負けない投資ができるかどうか

そして、特にこれからは投資が必須になると言える時代ですから、正しいというか、まずは負けない投資ができるよう勉強していくべきですね。

 

ちなみに「負けない投資」というのは、たとえば上記で看ていただいたランキングを見て、配当の高い順に買っていくようなことは危険です。

高配当銘柄は、業績不振などによって売り込まれた結果である場合もありますので・・・。

負けない投資とは、たとえば暴落などでかなり売り込まれてきたところで買えば、中長期的にみれば、負ける可能性はかなり小さくなるでしょう。

 

言い換えると、「株は安い時に買うべき」だということですね。

 

ちなみに僕は、昨年末久しぶりに株を買いましたが、その時は日経平均株価が2万円を割っていて、いわゆる「安い時」でした。

(なぜそのタイミングで買えたかというのは下記にまとめていますので、参考にしてみてください。)

 

また、今年も株を安く買えるチャンスが来る可能性は大きいと思っていまして、具体的には日経平均株価で言うと、15,000円台までいく可能性すらあることを想定しています。

そこで株を買えたら、のちのち振り返った時に「歴史的に安い時に株を買えた」という感じになるはずですので、ひそかに楽しみにしています(笑)

 

では最後に、イギリスの作家であるチャールズ・ラムの言葉をご紹介します。

人類は2種類に分けられる。

お金を借りる人と貸す人である。

チャールズ・ラム

 

・・・あなたはどちら側に回りますか?

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ