孤独は寂しい?恥ずかしい?

こんにちは、セミリタパパです。

孤独だと、寂しいですか?

孤独というのは、恥ずかしいことですか?

Sponsored Link

 

昔から友達は少なかった

僕は昔から、友達はあまりいませんでした。

中学までは地元の学校に通っていまして、40歳を過ぎた今でも遊んでいる地元の友達は何人かいますが、高校の友達は完全に疎遠になりました。

というより、連絡先すら誰一人もう分かりません(笑)

 

そして大学では、テスト前にだけコミュニケーションを取るという、いわゆる「ノート友達」しかいませんでした。

そして、社会人になってできた友達は、たったひとりだけです。

 

全然気にならなかった

なので、孤独か孤独じゃないかと言われれば、もちろん僕は孤独の方に入ると思います。

なのですが、僕としては孤独であるということが気になったことがないのです。

 

周囲の人から、

「お前は孤独で寂しいやつだな!」

「お前は孤独で恥ずかしいな!」

なんて言われたこともありませんしね。

なので、孤独を寂しいと思うか、恥ずかしいと思うかは自分次第ということだと思います。

 

むしろ自由を感じていた

そして僕としては、そのような孤独な状況に、むしろ自由さを感じていました。

というのも、思い出してみてください。

学生時代の友人関係というのは、けっこうドロドロしているものです。

Sponsored Link


女性同士はもちろん、男性同士もなかなかドロついているものですよね・・・。

 

端から見て、そういうのはかなり面倒くさいと思っていましたので、「友達が少ない」スタイルは、自分に合っていたのだと思います。

だから、自分でそれを無意識にでも選択したのでしょうね。

 

群れている方がカッコ悪いと思っていた

また、

「群れているヤツって、かっこ悪いよな・・・」

という気持ちもありました。

というより、その気持ちは今でもあります(笑)

「弱いヤツほどよく群れる」と言いますが、無理矢理人と群れるほどカッコ悪いことはないことはないので、とにかく余計な人間関係は作りたくないと常々思っていたのです。

 

これからも変わらない

学生時代からそう思っていたわけですから、40歳を過ぎたおじさんになって、いきなり考え方が変わるということはありません(笑)

そして僕は現在セミリタイア中なのです。

そもそもセミリタイアなんて、自分の意志が弱かったら、選択するわけがないライフスタイルなのです。

セミリタイアなんて、世間体は最悪なのですから(笑)

 

なのでこれからも、どちらかというと孤独な人生を楽しんでいきたいと思っています。

いまさら自分を変えることなく、好き勝手に生きてやります。

 

もし孤独が寂しいと思っていたり、恥ずかしいと思っているのだとしたら、もちろんできることはいくつかあります。

 

しかし、残念ながら僕のように、今さらどうにかなるものでもない可能性がありますよ。

なので、ここはもう割り切ってしまって、「孤独を楽しむにはどうすればよいのか」ということを考えた方が建設的かもしれませんね。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ