子供から「ユーチューバーになりたい」と言われても、別に心配する必要はない理由

こんにちは、セミリタパパです。

最近は、

「大人になったら、ユーチューバーになりた~い!」

という子供がかなり増えているようですね。

Sponsored Link

 

そして、

「ウチの子には、将来ユーチューバーになんてなってほしくない・・・」

なんて心配している親御さんもかなり多いようですが、別に心配する必要なんてありませんよ。

 

とりあえずやらせてみればいい

ちなみにウチの子供たちは、まだユーチューバーになりたいとまでは言っていません。

しかしユーチューブは大好きで、ほぼ毎日見ていますね。

そしてたまに、

「チャンネル登録よろしく~」

みたいな感じで、ユーチューバーのマネをしているので(笑)、いずれなりたいと言い出すかもしれませんね。

 

では、子供から「ユーチューバーになりたい」と言われたらどうすればいいかということなのですが、とりあえずやらせてみたらいいのではないでしようか?

おそらく今であれば、スマホさえば、ユーチューバーデビューはできる時代ですよね。

特に大きな初期投資が必要なわけではないので、とりあえずやらせてみたらいいのです。

Sponsored Link


 

ユーチューバーとして成功するのは、プロスポーツ選手になるようなもの

そして子供も、実際にユーチューバーになってみたら分かりますよ。

そんなに甘くはないってことが・・・。

最初は勢いでいくつか動画をアップできるかもしれませんが、思うように再生回数が伸びず、またネタもすぐに尽きてしまい、気づいたらユーチューバーは諦めている可能性が大です。

 

ユーチューバーとして成功するのは、プロスポーツ選手になるようなものですからね。

かなり確率の低い話しなのです。

なので、子供から「ユーチューバーになりたい」と言わても、そこまで心配する必要はないですよ。

 

リスクはトコトン抑える

ただし、後々まで響きそうなリスクはトコトン抑えるべきで、そこは親としてしっかりアドバイスしてあげたいですね。

株式投資で言えば、「レバレッジはかけるな」みたいなもので、

 

ユーチューバーで言えば、本名や住所などを公開しないというのは当たり前として、もし学生であっても社会人であっても、学校や仕事は絶対辞めさせてはいけません。

その他にも色々あるかとは思いますが、リスクさえ抑えれば、あとは子供の意志を尊重してあげればいいと思いますよ。

 

子供の可能性を親がわざわざ潰す必要はない

逆に頭ごなしに、

「ユーチューバーなんて絶対ダメ!」

と抑えつける必要はないのでないでしょうか?

 

親の人生ではなく、子供本人の人生ですからね。

そしてもしかしたら、子供がユーチューバーとして大成するかもしれませんので(笑)、子供の可能性を親がわざわざ潰す必要はありません。

子供の可能性は無限大なのですから。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ