普通の小売業をしている企業への投資はNGな理由

こんにちは、セミリタパパです。

普通の小売業は、もうやっていけない時代なので、投資対象からは外した方がいいですね。

Sponsored Link

 

シアーズが破綻

10月15日に、米国の小売大手であるシアーズが破綻しました。

そしてウォーレン・バフェットは、10年前にシアーズの破綻を予想していたそうです。

さすがとしか言いようがありませんね。

 

普通の小売業はもうダメ

シアーズは米国を象徴する小売業だったということですが、もう普通の小売業は厳しい時代ですよね。

やっていけません。

理由は明らかで、今の時代に普通の小売業をやっていては、片っぱしからAmazonにやられてしまうのですから・・・。

 

V字回復狙いもダメ

そして今回お伝えしておきたいこととして、

V字回復狙いは、ほとんどの場合うまくいかない

ということがあります。

 

上記の記事にもありましたが、バフェットも、

いくつの小売業が低迷し、その後、復活したか?

多くはない。私はほとんど思いつかない

Sponsored Link


ウォーレン・バフェット

 

と言っていますからね。

 

業績が低迷している企業の株に投資をして、その企業がV字回復したら、株価も大きく上がる可能性があります。

そうなったら、かなりおいしいですよね。

・・・しかし現在には、そのようなことはほとんど起きないということです。

一度別れた恋人とヨリを戻しても、結局うまくいかないのです。

 

・・・ちょっと、たとえが強引でしたね(笑)

話しを戻すと、個人的にはこの家具屋さんも、今後はかなり厳しいのではないかと思っています。

 

差別化しているか、独自性はあるか

もちろん、すべての小売業がダメだと言っているわけではありません。

他社との差別化を図っていたり、独自性のある企業であれば、今後も伸びていく企業はもちろんあるでしょう。

たとえばニトリですと、もう30期くらいは増収増益を続けていますからね。

 

「知っている企業」についてさらに一歩踏み込む

このブログでもよく、

知っている企業の株に投資するべき

ということはよく言っています。

 

それはたしかに大事なのですが、それはいわば最低条件という感じです。

女性が、「優しい男性がいい」と言っているのと同じで、それだけではダメなのです(笑)

知っている企業について、さらに一歩踏み込んでいって、投資対象となり得るか判断していきましょうね。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ