教育格差は日本であればなんとかなる理由

こんにちは、セミリタパパです。

親は、かわいい子供のことで色々と悩みますよね。

そしてその悩みの中で、「教育格差」に関して悩む親御さんは多いです。

しかし、決して諦める必要はありませんよ。

Sponsored Link

 

日本なら大学まではギリなんとかなる

教育格差で悩むということは、「家庭の収入が少ないから、子供の高校や大学への進学や、塾に行かせてあげられない」ということを悩んでいるわけですよね?

であれば、塾は確かに厳しいところがあるかもしれませんが、日本であれば、大学まではなんとかなりますよ。

 

というのも、現在でも高校生に関しては「就学支援制度」が充実していますので、低所得世帯であれば学費が実質無料になることがあります。

また大学に関しては、2020年から年収380万円までの世帯であれば、所得に応じて3段階の支援が始まるそうです。

なので、高校や大学の学費はなんとかなるのです。

あとは子供のやる気次第だということですね。

 

そもそもエリートが幸せ?

そして子供が勉強をがんばって、もし一流大学にでも入ってくれた日には、

「もうエリート街道に乗ったようなものだね!」

と、親としては大満足かもしれません。

 

しかし、そもそもエリートになることが幸せなのでしょうか?

Sponsored Link


親が安心できるだけで、そもそも子供はエリート街道に乗りたいなんて、全く思っていないかもしれませんよ。

 

子供なりの幸せを見つけられるようサポート

もしかしたら、子供がラーメン屋になりたいと思っていたとします。

それであれば、進学するより、自分が好きなラーメン屋で修業したいと思うかもしれませんよね。

親としては、「なんとか大学までは卒業して、いい企業に勤めてほしい」と思ってしまうものですが、それを子供が望んでいないなら、子供の意見を尊重するべきかもしれませんよ。

 

ちなみにウチの子供が、「ラーメン屋になりたいから、進学しないで修業する」と言ったら、快く応援しようと思っています。

仮に数年修業して諦めたとしても、そこからまた学校に入り直すことはできますからね。

あと、僕自身が大した大学に通っていなかったことも大きいですが(笑)

 

楽しいと思える仕事をする

そして結局、僕が子供に言いたいのは、

「楽しいと思える仕事をしろよ!」

ということなのです。

 

僕は昔サラリーマンをしていたこともありますが、仕事が全然面白くなく、毎日苦痛でした・・・。

もう二度あのような日々は送りたくないですし、子供にもそんな人生は歩んでほしくないと思っています。

親が無理矢理レールに乗せて、つまらない仕事をするサラリーマンになんて、なってほしくありませんので。

 

まあ投資で成功して、早めに仕事はリタイアするのが一番なんですけどね(笑)

とにかく子供には、楽しく生きてほしいものです。

 

・・・こんなことを言っている僕の子供が、若いうちにセミリタイアすることを選んだら、それはそれで面白そうです。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ