給料を別口座に自動入金しているようじゃ投資では勝てない理由

こんにちは、セミリタパパです。

銀行によっては、「給料が入った時に、指定した金額を別口座に自動で入金してくれる」という便利なサービスを提供してくれるところもあります。

しかしそのサービスを使っているようでは、株などの投資で成功するのは難しいでしょうね・・・。

Sponsored Link

 

強制的に貯金できるのは大きなメリット

確かに、「給料から一定額を強制的に貯金することができる」ということに、大きなメリットを感じる人も少なくはないでしょう。

入金された口座にさえ手をつけなければ、貯金はどんどん貯まっていきますからね。

下記の記事のように、「気づいたらある程度大きな額が貯まっていた」ということもあるはあるでしょう。

 

それは意思の弱さの裏返し

しかし、このサービスを使うということは、

「自分は意思が弱いです。だから自分では、計画的に貯金することなんてできません・・・。」

と言っているようなものなのです。

 

貯金だけが目的であれば、これでよいかもしれません。

ただし、株などの投資で勝ちたいのであれば、意思が弱いようではマズいのです。

 

株式投資では感情がめちゃくちゃ揺れ動く

というより、意思の弱い人が株式投資で勝てることは、まずないと言っていいでしょう。

Sponsored Link


というのも株式投資では、自分の大切なお金を投資するわけです。

なので、株価が上下するたびに、感情がめちゃくちゃ揺れ動きます。

自分の持っている銘柄の株価が気になって気になって、「仕事中トイレに行くたびに株価チェックをしている」というサラリーマンが山のようにいるのですから(笑)

 

強い意思で静観できるようになった

ちなみに僕の例で言いますと、僕は去年2017年までに持っていた株をすべて利食い、全額キャッシュにして、次の買い場を待っています。

 

僕には、かなり明確な株式投資のルールがあって、その条件に合ったタイミングでなければ、狙っている銘柄を買うことはありません。

本当は株を買いたくて買いたくて仕方がないのですが(笑)、今年はその条件が全然合わないので、一回も株を売買していません。

言ってしまえば、狙っている銘柄の株価はどれも高すぎるのです。

仮に現状のまま相場が動かなければ、今年株を売買することはありません。

 

・・・こう言い切れるなんて、僕も意思が強くなってものです。

株式投資を始めた当初は、ブレブレでしたから(笑)

 

管理さえできれば、貯金の口座はひとつで十分

株式投資では強い意志がないと、メディアなどに煽られて高値掴みしてしまったり、株価が少し下がったくらいですぐ投げてしまったりなど、残念なことをしてしまうのです。

なので株式投資には強い意思が必要なのですが、その投資資金を作る段階で、意志が弱く、自動で給料を貯金するような形では、ちょっと先が思いやられます。

管理さえできれば、貯金なんてひとつの口座で十分ですから。

貯金くらい、簡単に管理してやりましょうね。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ