見方がよく分からない年次報告書を作成している企業は投資家のことをどう思っているのか?その答え

こんにちは、セミリタパパです。

見方のよく分からない、難しい年次報告書を作成している企業は、投資家のことをどう思っているのでしょうね?

Sponsored Link

 

分かりづらい年次報告書から読み取れること

見方がよく分からないと言いますか、読もうとしてもとにかく内容が難しかったりなど、分かりづらい年次報告書ってありますよね。

そもそも僕なんかにはレベルが高すぎて、内容が理解できないということもあるでしょうが、

「経営陣がワザと内容を分かりづらくしてるんじゃないの?」

と、思わず突っ込みたくなるような年次報告書を出す企業もあります。

 

そういう企業は、投資家に知られては困ることがけっこうあるのかもしれませんね。

なので正直なところ、年次報告書は投資家に読んでほしくないと思っているのかもしれませんよ・・・。

 

そのような企業に投資すべきではない

まあいずれにしても、自分が理解できない年次報告書を発行している企業の株には、あなたの大切なお金を投資すべきではありませんね。

というより個人的には、「そのような企業の株は絶対買わない方がいい」とまで思ってしまいます。

分からないものに投資することほど、恐ろしいことはありませんので。

(多くの人は、その恐ろしいことをしてしまっているのですが・・・)

 

今分からないものがこれから分かるようになる?

このようなお話しをすると、

「そのような企業があったとしても、これから勉強して、理解していけばいいじゃないか!」

なんて思うかもしれませんが、そのモチベーションがあるのなら、あらかじめしっかり勉強をして、その企業なり年次報告書の内容なりを理解した後に、その企業の株を買うべきです。

Sponsored Link


 

今分からないものが、これから分かるようになる保証なんてありませんからね。

なのであらかじめ勉強してみて、もし理解できたら買えばいいですが、理解できなかったら諦めるべきだと思います。

 

見切り発車で投資することだけは絶対に避けるべきですし、そもそも知らない企業の株を一日でも早く買いたいと思っている状態は異常です。

そういう状況であるならば、自分がちょっとおかしくなってしまっているのだと認識するべきですね。

焦って投資しても、株式市場にカモられるだけですから・・・。

 

理解できるものに投資をする

そして、わざわざよく分からない企業の株に投資するよりも、元々知っていたり、行っているビジネスのことが理解できる企業の株に投資した方がラクですよ。

 

理解できている企業のことであれば、より理解するための勉強も楽しんで行えますからね。

そして、「分かっている」ということが、不安の少ない投資へとつながっていきます。

たとえば僕の例で言いますと、僕は昨年末に、JTとNTTドコモに投資をしました。

 

2銘柄に総額約2,000万円ほど投資をしましたので、金額としてはけっこう大きいです。

しかし僕としては、JTとNTTドコモは元々馴染みの深い企業でありましたし、年次報告書もしっかり読み込み理解できましたので、安心して投資をしました。

なので、昨年末に投資して以来、一度も2銘柄の株価をチェックしていません。

長期投資だということもあるのですが、安心して投資できているので、株価をいちいちチェックする必要がないのです。

 

僕はこのようなスタンスで投資をしています。

株式投資はギャンブルではないので、持っている株の企業のことがよく分からず、不安で夜も眠れないなんてことは絶対避けたいものです。

不安がストレスになって、イライラして、周囲の人などに当たってしまうようでは、ちょ~ダサイですからね・・・。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ