【堀塾の堀鉄平さんも実践!】次の大暴落が来ても全然影響がない投資先を探る簡単な方法

こんにちは、セミリタパパです。

コロナショックでは、株式市場がまあ大きく下げましたね。

なので狙っていた銘柄の株価も下がって、ノリノリで買い向かった人がいる一方、

「これからどうなってしまうんだろう・・・」

という恐怖から、全然手を出せなかった人もいます。

 

コロナショックはまだ進行形かもしれませんが、次のなんちゃらショックで大暴落が来ても、全然影響がない投資先を探るけっこう簡単な方法がありますので、ご紹介していきます。

ちなみにこの方法は、堀塾の堀さんもやっているようですよ。

Sponsored Link

 

弁護士で、すご腕不動産投資家の堀さん

ちなみに、堀塾の堀さんはご存知ですか?

ご存知ない方は、下記のウィキペディアをざっとご覧いただきたいのですが、

 

堀さんは、弁護士として弁護士法人を経営するかたわら、不動産投資家としてもかなりの実績を上げられている、まあすごい方なんですよね。

下記のユーチューブでは、「資産80億円」となっています。

やはり不動産投資で成功すると、資産規模は大きくなりますよね~

 

このユーチューブの中にも出てきますが、堀さんは現在大人気の格闘家である、朝倉未来・海選手の東京進出を世話した人物で、僕はけっこう格闘技好きのため、以前から堀さんのことを知っていて、動向をチェックしていたんですね。

 

そして、堀さんが「堀塾」という不動産投資関連の塾を運営していて、そのユーチューブ番組も開設されていたので、それもちょいちょいチェックしていたのです。

 

その中で、今回のブログ記事タイトルでもある、

  • 次のショックが来ても全然影響がない投資先を探る簡単な方法

のついて解説していました。

Sponsored Link


もちろん株式投資にも使える方法ですよ。

 

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

それはひと言で言ってしまうと、

  • 愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

ということなのです。

 

・・・ざっくりしすぎてますね(笑)

ではもう少し具体的に言いますと、今回のコロナショックのような市場の大暴落は、おそらく今後も来ることでしょう。

そしてなんちゃらショックに伴う市場の大暴落は、

  • ITバブル崩壊
  • リーマンショック

など、これまでも来たことがありますよね。

 

なので、過去の大暴落を分析して、そこで影響がなかったところに投資すればいいだけなんです。

けっこう簡単なことなんです(笑)

下記は堀塾のユーチューブですが、ちょっと見てみてください。

 

「リーマン(ショック)、東日本(大震災)の時にも、(家賃は)下がりませんでした。」

と言っていますよね。

堀さんは、リーマンショックや東日本大震災時の不動産動向を分析して、安全だったところに投資をしているのです。

なので、「今回のコロナショックも大勢に影響なし」と言っているわけです。

 

僕も同じことをやっていまして、具体的には、リーマンショックの際の株式市場に関しては、めちゃくちゃ分析しましたね。

そして、

「次にリーマンショック級の大暴落が来ても、余裕でいられるように」

ということを念頭に置いた投資戦略を立て、実際に投資をしてきました。

なのでコロナショック時でも、ビビることなく買い向かうことができたわけなんです。

というより、僕にとってコロナショックによる市場の大暴落は、大きなチャンスが到来しただけでしたね。

 

コロナショックの最中は、なかなか外出ができなかったので、

「パパ~、これやってみてよ~」

という子供の熱いオファーを受けてポケモンをやったのですが、気づいたら全クリし、子供よりも強くなってしまいました(笑)

もう子供とのゲームはおなかいっぱいですので、次の株式市場大暴落が待ち遠しいです。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ