僕も日経平均株価は15,000円台まで下がることを想定している理由

こんにちは、セミリタパパです。

このところの株式市場の下落によって、このままどこまで下げていくのか、様々な予想が飛び交っていますよね。

ちなみに僕としては、日経平均株価は15,000円台まで下がることも想定しています。

Sponsored Link

 

投資家としてあらゆる場面を想定しておく

そもそも、専門家の意見は当てにならないものばかりですので(笑)、これから株式市場がどうなるのかという予想は、基本的にスルーしてしまっていいです。

そういう情報をわざわざ取りに行くのは、時間のムダですので。

 

ただし投資家としては、あらゆる場面を想定しておくことは大切です。

すでに現在、保有株で含み損を抱えている人は、

「さすがに日経平均が2万円を割ることはないだろう」

とか、

「もし日経平均が2万円を割ることがあっても、日銀が買い支えてくれるから大丈夫だろう」

などと、多少強引ですが楽観的に考えていたかもしれません。

しかし日経平均株価はすでに2万円を割れてしまいました・・・。

そして今後は、15,000円台くらいまで下がる可能性は充分にあるので、それも想定して投資戦略を立てるべきです。

 

確かに為替の影響は大きい

僕が日経平均株価が15,000円台まで下がる可能性があると考える根拠ですが、下記の記事にもある通り、為替が円高に触れてきているということことも、確かにあります。

基本的に円高になっていけば、日経平均株価は下がっていくものですので。

 

しかし、僕がそれ以上に注目しているのは、日経平均株価のPBRなのです。

Sponsored Link


 

PBRとは?

ちなみにPBRとは、昨日の記事で触れた「PER」と並んで、株式投資を行う上でよく見られる指標です。

 

そして、PBRについては、下記の記事の説明がわかりやすいです。

 

このPBRですが、上記記事の説明にもあった通り、「1倍を下回ると割安」だと言われていますが、日経平均株価のPBRは、このところずっと1倍を下回ることはありませんでした。

しかしもちろん、過去には日経平均株価のPBRが1倍を下回ったことは何度もあり、あのリーマンショックの時もそうでした。

 

リーマンショック時の日経平均株価PBRは0.8倍台

リーマンショックの時、日経平均株価のPBRは、ナント0.8倍台にまで下がりました。

かなり割安な水準ですよね。

日経平均株価自体も、その時は7,000円を割ろうかといところまでいきましたからね。

そして、日経平均株価PBRの割安感を元にその時買えていれば、今日の日経平均株価は2万円を割れてしまいましたが、それで倍以上にはなったわけです。

 

・・・なんだか前置きが長くなってしまった感じですが(笑)、改めてなぜ僕が日経平均株価は15,000円台までいく可能性があると考えているか言いますと、リーマンショック時の日経平均株価PBRから導き出した数字なのです。

具体的にPBRは、

株価÷一株当たり純資産(BPS)

で求められます。

 

そして、先週末時点での日経平均株価は20166.19円、そして日経平均株価PBR1.04倍でしたので、日経平均株価のBPSは、

20166.19÷1.04=19390.56円

となります。

ここまでは、僕の算数力でもなんとか求められました(笑)

 

それではこの日経平均株価BPSを使って、リーマンショック時の日経平均株価PBRである0.8倍を当てはめていきましよう。

19390.56×0.8=15512.44円

というように、この計算から僕は、日経平均株価が15,000円台までいくことを想定しているのです。

 

ちなみに現在の日経平均株価を確認したところ、1,000円以上がっつり下げていて、18,000円台の突入もあるかというところまできています。

そして僕は、久しぶりに株を買いました。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ