「PERは高いほうがいい」はずがない

こんにちは、セミリタパパです。

PERはよく知られている指標ですが、このPERがバカみたいに高い銘柄に投資するのは、かなり危険です。

このことはとりあえず覚えておいてください。

PERを求める計算式なんかを覚えるよりも、よっぽど大切です。

極端に言えば、PERに関する他のことはすべて忘れてしまっても、「バカみたいに高いPERの銘柄は買わない」ということだけ覚えておくべきです。

Sponsored Link

 

PERとは?

それではまず、PERについて基礎的なところから。

PERの説明は、下記を見ていただければ分かりやすいのですが、

 

その中で特におさえていただきたいのが、

一般に、成長性が期待できそうな株式のPERは高く、逆の場合は低くなっています。

 

まあこれは一般論として、

時として何百倍といった異常に高い数値を示すことがあります。

 

ここがポイントです。

「PERは高い方がいい」という意見には賛否ありますが、とりあえず何百倍というPERはもう異常なのです。

何百倍なんていうPERは、バカ高すぎてどうしようもないのです。

 

アマゾンのPERを見よ

ではここで、バカ高いPERを見てみましょう(笑)

ヤフーファイナンスで、アメリカのアマゾンのPERを見てみみます。

 

今確認したら、なんと318倍です。

ギャグのようにバカ高いPERですね(笑)

ちなみに、ネットフリックスもすごいですよ。

Sponsored Link


 

ただ今確認した時点で、PER285倍です(笑)

 

確かにアマゾンやネットフリックスは素晴らしい企業です。

たとえばアマゾンは僕も10年以上使わせてもらっていますし、今後もさらに発展していくことはほぼ間違いないでしょう。

とは言っても、このPER318倍は高すぎです。

 

そもそも日本でもアメリカでも、平均PERは10倍台半ばだと言われています。

その前提がある中で、アマゾンのPERが318倍ということは、とにかくアマゾン株が買われまくっているわけですが、アマゾンの株を買っている人は何を考えているのでしょうか?

 

煽られた人々

おそらくこれだけ買われているということは、金融機関などのプロの資金はもちろん、個人投資家の資金もかなり入っているはずですが、これだけ高いPERで買いにいった人々は、煽られてしまったのでしょうね・・・。

「アマゾンは素晴らしい企業だ!」
「アマゾンの成長はまだ始まったばかりだ!」
「アマゾンの株を今買っておかないと、必ず後悔する!」

このような声に煽られて、思わず買ってしまったのでしょう。

 

しかし冷静に考えて、318倍というPERを正当化することができないことは誰でも分かることです。

ということは逆に言えば、高すぎるPERの株を買いにいってしまうということは、冷静さを欠いているということです。

株式投資で冷静さを欠いた人がどのようになるのか・・・。

容易に想像がついてしまいますね。

 

難しいことはしない

将来に渡り有望な銘柄であっても、低PERで買っておいて、株価が上がるのを待っておくのが無難な方法です。

 

逆に「わざわざ高PERを買いにいく」という、難しいことをやる必要はありません。

短期売買であっても、PER318倍のアマゾンを買いにいくのは怖いですから・・・。

なので、アマゾンという超優良株であったとしても、PERが下がるのを待つべきだと思いますね。

・・・というより僕はそれを心待ちにしています。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ