パワーカップルは羨ましい?色々と問題がありそうだけど・・・

こんにちは、セミリタパパです。

パワーカップルを羨ましく思う人は多いようですが、個人的には色々と問題があると思いますよ・・・。

Sponsored Link

 

パワーカップルとは?

まず「パワーカップルとはなんぞや?」ということなのですが、下記の記事によると、明確な基準はないものの「購買力のある共働き夫婦」のことをパワーカップルと呼ぶことが増えているそうです。

 

僕たち家族が住んでいるマンション内にも、共働きでふたりとも外車に乗っている夫婦がいますが、そこはまさにパワーカップルですね。

パワーカップルは、とにかく購買力があります。

なので車などもそうですし、都心部の高級マンションもよく買っているようなのです。

 

パワーカップルは地獄の始まり

どうですか、パワーカップルは裕福な生活をしているので羨ましいですか?

・・・僕は恐ろしいです。

パワーカップルのような生活は、地獄の始まりとすら思ってしまいます。

 

というのも、パワーカップルは購買力があるわけですから、生活レベルも高いわけですよね。

これが怖いのです。

生活レベルは、一度上げるとなかなか下げられませんから・・・。

 

見栄の張り合い

そしてパワーカップルは、高級マンションを買うのですよね。

もしマンションは買わずに賃貸に住んだとしても、まあかなりいい所に住むでしょう。

そうなると、ご近所さんもパワーカップルだらけですよね。

 

・・・どうなりますか?

そうです、見栄の張り合いが始まるのです。

ただでさえ生活レベルが高いのに、さらに見栄を張るために、結果的に無駄な出費をガンガンしなければならないのです。

Sponsored Link


やっぱり地獄ですよね・・・。

 

夫婦どちらかの仕事の状況が変わったら、パワーバランスが一気に崩れる

そしてパワーカップルが抱える大きな問題として、もし夫婦どちらかの仕事の状況が変わったら、パワーバランスが一気に崩れてしまいます。

たとえば、ご主人がリストラにあって、再就職先では給料が大幅に減り、これまでのような生活を維持できなくなったらどうでしょう?

奥さんからは嫌味を言われて、ご主人のプライドはズタズタになり、夫婦仲は確実に悪化していくでしょうし、最悪の場合は離婚まで行くこともあるでしょうね・・・。

こう考えると、パワーカップルの生活は、けっこう綱渡りなのです。

 

我が家もそうなる可能性があった

そして今思えば我が家も昔、パワーカップル地獄にハマる可能性がありました。

というのも、僕と妻が出会ったころは、ふたりとも都心の家賃が高めのエリアに住んでいましたので、そのままパワーカップル化する道もあったのです。

 

もっとも僕は都心の人混みと電車移動が大嫌いだったので、その可能性はかなり低かったのですが、人間というのは環境に染まっていくものです。

僕が戦国時代、武家に生まれていたら、僕は武士になっていたでしょうから。

さらに妻は都会派でしたので、いつの間にかパワーカップル地獄にハマる可能性はゼロではありませんでした。

今は少し田舎に住んでいますが、それを受け入れてくれた妻には感謝しています。

 

お金に支配されたくない

パワーカップルをうらやましく思う人もいるでしょうが、パワーカップルはなんだか、「お金に支配された人間」の典型のように感じてしまいます。

そしてお金に支配されない生活の方が、自由でストレスフリーだと思うのです。

しかし、たとえば同じマンションに住んでいるパワーカップルにしてみれば、セミリタイアして昼間からフラフラしている僕のことは、かなり変に思っているでしょう(笑)

 

まあ価値観は人それぞれなので、自分の思う通りに生きていくしかありませんね。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ