たとえ資産がいくらあっても、死ぬまで完全リタイア生活はしない方がいい。その理由

こんにちは、セミリタパパです。

僕は現在セミリタイア生活を送っていますが、その経験から思うのは、

「たとえ資産がいくらあっても、死ぬまで完全リタイア生活はしない方がいいな・・・」

ということなのです。

Sponsored Link

 

生活がよりラクになる

というのも、セミリタイアであれば少しは仕事をするわけですから、その分の収入はあるわけです。

すでに投資の収益などだけで生活するには困らない状態だとしても、さらにプラスの収入があれば、生活はよりラクになります。

ちなみに僕は、昨年久しぶりに株を買いまして、そこからの配当収入は年間で111万円入ってきます。

 

今後株をさらに買い進めていけば、配当収入もさらに増えていきますが、それでも僕は完全リタイアをするつもりはありません。

お金はいくらあっても、困りませんからね(笑)

 

健康にいい

もちろん人によっては、

「もう一生使いきれないくらいの資産を築いたので、完全リタイアしたい!」

ということもあるでしょう。

しかし、セミリタイアということで多少でも仕事をすることによって、頭や体をほどよく使います。

そうすることによる健康面のプラスも、意外と大きいと思うのですよね。

 

完全リタイヤしてしまうと、けっこう、というかかなり暇になります。

暇すぎて、一日中ぼ~っとしていることが増えてしまうこともあるでしょう。

そのような生活は、あまり健康にいいとは言えませんので・・・。

 

精神的にもいい

そして完全リタイアしないほうが、精神的にもプラスが大きいと僕は考えています。

Sponsored Link


先ほどお話ししたことと少しかぶりますが、完全リタイアすれば、

「奥さんが口うるさい」

みたいなのは別として(笑)、基本的に誰も何も言ってこなくなります。

なので一見、ストレスは全然なさそうな生活を送ることができるでしょう。

 

しかし完全リタイアしてしまうと、世界がどんどん狭くなっていき、ひとりの時間がかなり多くなってしまうことが考えられます。

そうなると、生活にハリがなくなったり、思考がネガティブになってしまったりなど、精神的にはあまり良くないことが増えてくることもあるのです。

 

人と触れ合う仕事がいい

なので、収入的には可能だとしても完全リタイアはやめておいて、セミリタイアくらいにしておくのがちょうどいいと思っているのです。

(逆にセミリタイアは、1日でも早くした方がいいと思っています)

 

そしてできれば、人と触れ合うような仕事を多少なりともした方がいいでしょうね。

人間はなんがかんだ言って、人との触れ合いを求めるものですから。

 

僕はコンビニて働きたい

ということも踏まえまして、僕は将来的に投資の収入だけで生活できるようになったら、今の自営業は徐々に縮小していって、週1.2日程度コンビニでバイトしたいと思っています。

 

というのは、学生時代に色々なバイトをしましたが、なんだかんだでコンビニが一番楽しかったですし、
レジを打っているとけっこう

「ありがとう!」

なんて声もかけられるので、充実感もあったのです。

 

今は子育てが忙しいので無理ですが、子育てがひと段落したら、週1.2日程度ならバイトしてみてもいいかと思っているのです。

近所に何件かコンビニがありますが、けっこういい歳の人も働いているようですので、40歳過ぎているおじさんの僕でも、なんとかなるでしょう(笑)

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ