サザンオールスターズ桑田佳祐さんの印税は45億円越え!?それを株式投資で運用した場合のシミュレーションしてみた

こんにちは、セミリタパパです。

なんとなく想像はついていましたが(笑)、サザンオールスターズ桑田佳祐さんの印税はとんでもない額です。

今回は、その額を株式投資で運用した場合のシミュレーションしてみました。

Sponsored Link

 

サザンオールスターズ桑田佳祐さんの推定印税は45億円以上

下記の記事によりますと、

 

サザンオールスターズの桑田佳祐さんは、サザンの曲も作っているし、ソロの曲も作っている。売上枚数を調べたら、なんと1億1400万枚以上。アルバムもシングルも合わせてなんですけど、仮にCDが1枚1000円と考えて算出すると、推定印税は45億6000万円!

 

ですって(笑)

僕のような一般人ではイメージがつきませんね。

 

その印税収入を株式投資で運用したら?

では、そのイメージがつかない額を株式投資で運用したらどうなるでしょうか?

早速シミュレーションしてみましょう。

具体的には、僕が現在行っている配当狙いの株式投資を参考にして、計算をしやすくするために、年間配当利回りを5%と仮定します。

 

サザンの桑田さんの印税は約45億円です。

Sponsored Link


それを年間配当利回り5%の株で運用したら、

  • 45億円×5%=2億2,500万円

年間でなんと2億2,500万円の配当金を得られるのです。

「ただ、株を持っているだけで」です。

 

・・・ヤバくないですか?

さらにこれは「単利」の話しです。

複利」で運用したら、さらにとんでもないことになります。

 

もし仮に、投資した銘柄群が平均で年間5%づつ増配してくれたら、もらえる配当金は、

5年後:2億8,700万円

10年後:3億6,700万円

20年後:5億9,700万円

30年後:9億7,200万円

 

このようになってきます。

複利の効果はすごいのです。

正直なところ、45億ともなると、僕のように単純に日本株数銘柄だけで運用するわけにはいかないと思いますが、まあそれはそれでうれしい悩みですよね(笑)

 

僕レベルでも株で資産運用するメリットは大きい

このように、サザンの桑田さんレベルの印税収入ですと、投資のメリットはものすごいものになります。

ただし、これは印税収入です。

印税収入は「不労所得」ですよね。

 

不労所得ということで言えば、印税も株の配当金も同じような感じなので、サザンの桑田さんは投資まではあまり考えていないかもしれません。

ただし、僕のような印税収入を得られる才能がない一般人には、配当収入は大きいですよ。

「投資はお金持ちがやるもの」

というイメージを持っている方も少なくないようですが、一般人こそ投資をするべきだと思いますね。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ