セミリタイアの相談は、両親や友人にしても無駄である理由

こんにちは、セミリタパパです。

セミリタイアするかどうか迷っている場合、その相談を両親や友人にしても無駄ですよ・・・。

Sponsored Link

 

ほとんどの人はセミリタイアに反対する

というのも、冷静に考えてみてください。

セミリタイアなんて、ほとんどの人は理解できない生活スタイルです。

そして人間というのは、自分の理解できないものは拒絶します。

なので、セミリタイア生活なんて訳のわからないことは、ほとんどの人が拒絶するのです。

そしてそれは、あなたの両親や友人も同じなのです。

 

そういう前提がある中で、あなたからいきなり、

「セミリタイアしたいんだけど・・・」

なんて相談されたらどうでしょう?

両親や友人など、身近な人だからこそなおさら、全力で止めてくるはずです。

 

セミリタイアに賛成してくれる人はどのような人?

では、セミリタイアに賛成してくれる人はどのような人なのでしょうか?

それは単純に、「実際にセミリタイアしている人」です(笑)

 

たとえば、僕が友人からセミリタイアの相談を受けたら、

「いいじゃん、いいじゃん!」

と完全肯定で背中を押しますので。

 

ただし、「セミリタイアしている人が身近にいない」というパターンがほとんどでしょうね。

僕も身近な人で、僕以外でセミリタイアしている人は知りませんので・・・。

 

周囲の理解は得られなくても大丈夫なのか?

なのでセミリタイアしたいと思った時に、自分自身にしっかり確認するべきなのは、

「セミリタイアという生活スタイルは、両親や友人も含めて周囲の人には理解されないが、それでも大丈夫なのか?」

ということなのです。

Sponsored Link


 

最悪、両親や友人とは縁を切ることになるかもしれなくても、それでもセミリタイアしたいかどうかを、しっかりと自分自身に確認しなければいけません。

両親としては、子供がセミリタイアしているなんて、世間体が悪過ぎです。

なので、その辺りを気にする両親だったら、大変でしょうからね・・・・

 

セミリタイアの相談を誰かにするくらいなら、やめておいた方がいい

そして、これはそもそも論になってしまうのですが、セミリタイアするかどうか悩んで誰かに相談するくらいの感じなら、セミリタイアはしないほうがいいですね。

そういう人はおそらく、セミリタイアしてから様々な不安が大きくなって、結局セミリタイアをやめることになるでしょうから。

 

セミリタイアは、

「セミリタイアしようかな~、どうしようかな~?」

という感じでするものではないのです。

セミリタイアは、

「どうしてもセミリタイアしたい!」

と思う人がするものなのですよね。

 

僕はセミリタイアすることを誰かに相談したのか?

僕の場合ですが、僕はセミリタイアする際に、妻には相談しました。

今後も一緒に生活していくわけですから、それは当たり前ですよね(笑)

ただし相談というよりは、「セミリタイアすることを了承してほしい」という感じでした。

 

そして、セミリタイアしたいと伝えた妻からは、

「いいじゃん、楽しそ~!」

くらいの感じで了承を得ることができましたので、助かりましたね(笑)

 

またセミリタイアのことに関しては、両親や友人には未だに詳しく説明していません。

僕の両親は、僕が社会人になってからは僕の人生にほぼ口を挟まなくなりましたので、僕も何かあってもいちいち報告しないスタイルでここまで来ています。

そして、友人に関しては正直なところ、

「別に言わなくてもいっか!」

くらいの気持ちなので(笑)、セミリタイアについては特に話していないのです。

 

しかし、僕の場合はこれで何の問題もなく、セミリタイアしてから、両親や友人との関係が何ら変わることはありませんでした。

ひとつのリアルなケースとして、参考になれば幸いです。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ