「孫正義だって分散投資している」という事実

こんにちは、セミリタパパです。

ソフトバンクの孫さんだってやっているのですから、やっぱり分散投資はするべきですね。

Sponsored Link

 

多くの種をまく

下記の記事を読んだのですが、

 

孫さんはあれだけの経営者ですから、投資先の企業を評価する能力も当然一流でしょう。

その孫さんでさえ、自信のある企業に集中的に投資するのではなく、分散投資で多くの種をまいているのです。

 

一銘柄への集中投資は絶対ダメ

なので僕のような、その辺にいる普通の個人投資家も当然、分散投資を行うべきです。

・・・とは頭では分かっているつもりでも、投資関連の雑誌などではたまに、

「ひと銘柄に集中的に投資したことで、ひと財産築けた!」

みたいな記事や特集、定期的にあったりするのです(笑)

 

それを目にすると、

「・・・俺にも、もしかしたらできるかも!」

みたいに、煽られてしまいそうになりますよね。

 

過信しない

しかし、決して過信はしないことです。

孫さんもそうですし、あのウォーレン・バフェットやチャーリー・マンガーでさえも、分散投資をしているくらいなのですから。

Sponsored Link


 

ここまでを踏まえても、どうしてもひと銘柄に全力投資したいということあれば、もはやギャンブルになってしまいます。

そして、そんなギャンブルに勝てる確率は、かなり低いと思いますよ・・・。

 

レバレッジももちろんなし

また、レバレッジをかけるのももちろんなしですよ。

分散投資したからといっても、たとえばリーマンショックのようなことがあれば、株はほぼ全面安になります。

全面安になれば、そこでは分散投資の効力は失われてしまうのです。

 

そんな時にもしレバレッジをかけていなかったら、損失は最悪でもゼロになるところまでです。

しかしレバレッジをかけてしまっていたら、損失はゼロどころか、マイナスまでいく可能性も出てきます。

そして株の損失がマイナスになってしまったら、かなりの地獄ですからね・・・。

 

焦らず、「まずは負けないこと」が大切

投資というのは当たり前ですが、今よりお金を増やしたいから行うものですよね。

だからこそなのですが、どうしても、

「どうやったら勝てるか?」

ここに意識が集中してしまいがちです。

 

しかし大切なのは、まずいかにお金を減らさないようにするか、言い換えると、

いかに投資で負けないようにするか

これなのです。

 

焦って勝つことばかり考えても、市場はそう都合よく動いてくれません。

焦ってうまくいかないのは、投資も恋愛も、その他のこともほとんどそうでしょう(笑)

なので投資では、分散投資などを駆使して、まずは負けない投資を実践していきましょうね。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ