【小説を読めば分かる!】あなたは短期投資と長期投資、どちらをやるべきなのか?

こんにちは、セミリタパパです。

最近、よく小説を読んでいるのですが、そんな中で短期投資と長期投資、どちらをやるべきなのか判断する方法が分かってしまいました。

Sponsored Link

 

小説でよくあるパターン

とりあえず、誰でもイメージできる小説でよくあるパターンとして、

  • 目先のお金を取りにいくためにごちゃごちゃやるが、最後には結局すべてがパーになる

これですよね。

このパターン、まあ多いです(笑)

 

客観的に自分を見てみる

そしてここからが本題なのですが、それこそ小説を読むように、客観的に自分を見てみてください。

あなたは、短気投資に向いている人間ですか?

 

これまで多くの短期トレーダーを目にしてきましたよね?

自分の実績やトレード手法などをメディアでかなり自信満々に話していた短期トレーダーのそのほとんどは、気づけばいつの間にかいなくなってしまいました・・・。

あなたはそういう短期トレーダーよりも株で勝ち続けることができるのでしょうか?

 

・・・みたいなことを、小説の主人公に自分を見立てて、冷静に考えてみてください。

Sponsored Link


ちなみに僕は、短期トレーダーとしては全然ダメダメだということはもう分かっていますので(笑)、もう10年以上長期投資をやっているというわけなのです。

 

小説の登場人物が長期投資をやっていることがほぼない理由

また、これまで読んだ小説をふわっとでも思い出してみてください。

小説の登場人物で、長期投資をやっている人っていましたか?

おそらくほとんどいませんでしたよね。

 

その理由は単純に、

  • 長期投資は地味で小説映えしないから

ということだと思います。

長期投資は、エキサイティング感がゼロですからね(笑)

 

地味なんです。

地味なのですが、長期投資はそんなに難しくないはですよ。

僕でも今のところはいい感じにできていますので、おそらく誰でもできると思います。

 

また、一度自分なりの長期投資の形を作ることができれば、実際にすることはほとんどなくなります。

それこそ「勝手にお金が働いてくれる」という感じですので、とにかく自由になります。

僕みたいに、遊び呆けていても全然問題ありませんよ。

 

・・・と、自分がやっているということもあり、最後に長期投資の良さをごり押ししてしまいましたが(笑)、実際に長期投資を行うかどうかは、自分を小説の主人公に見立てて、冷静に判断してみてくださいね。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ