高須医院長が1,000億円の資産を築けたのも、株式投資で成功するためにも「逆張り」は必須

こんにちは、セミリタパパです。

僕は株式投資では、いわゆる「逆張り派」なのですが、どうやら高須クリニックの高須医院長もそのようですよ。

Sponsored Link

 

高須医院長は逆張りでMAX資産1,000億円を築いた

メディアでおなじみ、高須クリニックの高須医院長は、MAX時で資産がナント1,000億円もあったそうです。

うらやましいですね~(笑)

 

そして、この記事の中で大注目していただきたい点があるのですが、高須医院長が稼ぐ哲学について聞かれた時に、

それはカンタン。逆張りしたヤツが大勝ちする。

 

こう答えているのです。

そして、高須医院長が美容業界に入った時は、

美容外科医は医者扱いされてなかったね。

医者は人命に関わることをするほど身分が高かったんだけど、美容外科医は病気じゃない人に金儲けのためにメスを入れる、一番下等で下品な存在だと言われてた。

 

このような状況だったようです。

そこに逆張りで入っていった高須医院長がどうなったかは、メディアなどでの活躍を見ていると、素人でも分かりますよね(笑)

 

去年、僕も逆張り投資がうまくいった

そして僕は、株式投資で成功したいなら、逆張りは必須だと思っています。

僕はもう15年くらい株式投資をしていますが、逆張りをするようになってからは、まあいい感じですので(笑)

 

最近では、去年の末に2銘柄ほど買いましたが、その日は

「久しぶりに日経平均が19,000円を割ってしまうのか?」

と言われるくらい株式市場が下がっている中で買いにいきましたので、典型的な逆張りでした。

Sponsored Link


その2銘柄は配当金狙いの投資でしたが、逆張りで、かなり株価が下がったところで買えましたので、配当利回り的には昨年で一番と言っていいタイミングだったと思っています。

 

みんながいいと言っている時にはもう遅い

高須医院長の例もそうですし僕の株式投資の例もそうですが、いわゆる「順張り」でみんなが

「それはいいよ~!」

と言っている時は、タイミング的にはもう遅いというケースが圧倒的に多いですよね。

ちょっと前にも、そういうことあったじゃないですか?

 

・・・そうです、仮想通貨です(笑)

メディアなどで毎日目にした仮想通貨ブームに踊らされて、思いっきり順張りで仮想通貨に投資してしまった人の多くは、結局高値づかみしてしまい、損切りしたか塩漬け状態になってしまったわけです・・・。

しかし、ほとんどの人が「仮想通貨」という言葉さえ知らなかった時期に、逆張りで仮想通貨を仕込んでいた人は、ブームに乗って大儲けできたわけですよね。

 

また、バブルといわれる状況の時も同じように、「最後は素人が高値づかみして終わり」というパターンです。

結局、素人は分からないものに手を出すなってことですね。

僕が不動産投資に手を出してはいけないことと同じ感じでしょうか(笑)

 

逆張りするための根拠を持つ

そして逆張りするためには、逆張りするための根拠を持たなければいけません。

高須医院長の逆張りはそこまで考えていなかったのかもしれませんが(笑)、少なくとも僕が株式投資で逆張りする際は、

「なんとなく今安そうだから、買っておこうかな~」

というふわっとした感じではなく、僕なりに根拠を持って、具体的には、株式市場全体や個別銘柄の指標などを見て、自分が前もって想定していたところまで株価が下がってきた時にのみ、投資するようにしています。

 

それをかなり厳密にやっていますので、投資のタイミングはそう多くはありません。

しかし、僕が株式投資で成功するためにはこの逆張りしかないと思っていますので、今後もこのスタンスでやっていこう思っています。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ