共働きで家事をしない夫は離婚されて当然

こんにちは、セミリタパパです。

共働きなので仕事をしているにも関わらず、さらに家事をやってくれている妻は神ですので、心から感謝するべきです。

そして、共働きで家事をしない夫なんて、離婚されて当然だと思った方がいいですね。

Sponsored Link

 

セミリタイアして妻の偉大さを知る

このように思えるようになったのは、僕がセミリタイアしたことが大きいです。

というのも、僕の妻は元々専業主婦でした。

なので、家事全般は妻がやってくれていました。

そして子供が生まれて、子育てにも少し余裕が出てきたようで、妻はパートに出るようになりました。

 

妻がパートを始めてからも、家事全般は引き続き妻がやってくれていました。

そしてそれから、僕がセミリタイアすることになりました。

僕は大分時間に余裕ができましたので、妻がやっていてくれた家事を少し引き受けることにしました。

具体的には、食後の洗いものが僕の担当になったのですが、これがけっこう大変だったのです・・・。

 

独身時代もなんだかんだでほとんど家事をしてこなかったということがあるのかもしれませんが、セミリタイア状態であるにもかかわらず、毎日洗いものをするだけのことがここまで大変だとは思いませんでした。

このように僕があまりにもつらそうにやっているからか、よく子供が手伝ってくれたり、妻がいつの間にはやってくれることがあります。

Sponsored Link


泣けてきます(笑)

 

熟年離婚したくなる気持ちが分かる

今は昔に比べて熟年離婚がかなり増えているようですが、妻が夫に離婚の切り出すケースが圧倒的に多い理由がよく分かりました。

夫は「仕事をしているから」と言って、家ではえらそうにだけしていて家事や子育ては全然しないようですと、妻の不満は溜まっていく一方です。

そして、その不満が爆発したらもう終わりなのです。

 

・・・我が家も、妻が爆発したら終わりなのです(笑)

なので、小さなことでも感謝して、褒めて、妻を乗せていかなければなりませんし、同時に少しでも家での妻の負担を軽くしなければならないのです。

 

共働き・イクメン時代に抗うことはできない

そして今は、

共働き
イクメン(夫が子育てをする)

これが当たり前の時代です。

 

なので、今の時代に家のことは何もせず偉そうにしている夫なんか、すぐに捨てられてしまいます。

もしくは、生活費のために嫌々ねばられて(笑)、定年になったら熟年離婚されてしまいます。

いくらお金を働かせて資産を築いても、しっかり半分持っていかれて終わりなのです。

 

そうなると夫はひとり寂しく、さらに家のことは何もできないので、不自由な暮らしをしなければならなくなってしまいます。

その原因は、すべて夫本人にありますので、どうしようもありません。

ひと昔前の、男が仕事だけしていればよかった時代をうらやましがっている人はかなり多そうですが、現実を見ていかなければなりませんね。

・・・今回のことは、いつも自分に言い聞かせています(笑)

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ