僕の株式投資が逆張りになった理由

こんにちは、セミリタパパです。

株では色々と試してきましたが、結局は「逆張り」にたどり着きました。

Sponsored Link

 

逆張りとは?

ちなみに「逆張り」とは、簡単に言うと、

株価が下がっている時に株を買う

という投資手法です。

反対に、株価が上がってい時に株を買うことは「順張り」と言います。

 

逆張りしか勝てなかった

そして、投資法としては順張りの方が圧倒的にメジャーで、僕も株式投資を始めたころは、当然のように順張りでやっていました。

というより、順張りしか知らない状態で株を始めたと言った方が正しいです(笑)

 

しかし、順張りでは全然勝てませんでした・・・。

そしてその後、勉強しながら試行錯誤している中で、逆張りにたどり着き、うまくもいくようになってきたのです。

 

逆張りは「買った時にもう勝っている」感覚

「逆張り」と聞くと多くの人は、

「株価が下がってる時に買うなんて、めっちゃ怖いじゃん・・・」

なんて言うものです。

 

しかし、逆張りで利益を上げられるようになると、

逆張りで買った時にはもう勝っている感覚

これが味わえます。

 

株をセールで買う

言い換えれば、

株をバーゲンセールで買っている感覚

これを味わうことができるのです。

Sponsored Link


 

というのも逆張りで買うということは、自分なりの分析をして、

「今は、その株本来の評価額よりも株価が安い!」

と判断して買うわけです。

本来の評価額よりも安く株を買えるわけですから、逆張りはお得なのです。

 

もちろん、その後さらに株価が下がることはありますよね。

というより株を底値で買うことは不可能ですから、逆張りで買うと、その後株価はまず下がると思うべきです。

・・・なのですが、こちらとしては株を安く買うことができたのですから、やっぱりお得なのです。

 

たとえば洋服のセールで、狙っていた洋服が50%オフになったらちょ~お得ですよね。

即買いですよね(笑)

その後、その洋服が60%オフで売られていると少し悲しい気持ちになりますが、その洋服を50%オフというお得な価格で買えたことは間違いないのです。

 

逆張りはこのような投資法なのです。

「セールで買い物をすることが大好き!」という僕のような人間には、たまらない投資法なのです。

ちなみに僕の妻は株式投資は一切やりませんが、セールは大好きですので、株をやるとしたら思いっきり逆張り派でしょうね(笑)

 

買い場はしょっちゅうはない

ただし、洋服のセールがしょっちゅうはないように、逆張りで投資するチャンスもそうそうありません。

なので自己紹介でもお話ししたように、現在投資資金を全額キャッシュにしているのは、絶好の買い場を待っているところなのです。

 

逆張り投資家は我慢が必須ですが、その見返りは大きいです。

なので買い場が来るまで何年でも待ちますが、・・・できれば早くきてほしいものですね(笑)

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ