やっぱり投資信託は買わない方がいい理由

こんにちは、セミリタパパです。

僕は常々、「投資信託なんて買わない方がいい」と思っていますが、僕の尊敬する人もそう言っていたので、今回はご紹介しますね。

Sponsored Link

 

バフェットもそう言っている

その尊敬する人とは、ウォーレン・バフェットのことかのですが、下記の記事を読んでみてください。

 

ということでバフェットも、「投資信託は購入するべきではない」と言っています。

世界一の投資家がそう言っているのですから、従わない理由はありませんよね。

 

僕はインデックスファンドにすら買ったことがない

ただし記事にもありましたが、バフェットは市場に連動するインデックスファンドのことは勧めています。

バフェットは、母国アメリカの今後さらなる繁栄を確信しているのでしょうね。

バフェットが、そう言っているのですから、インデックスファンドを買うのはアリでしょう。

日本のものであれば、日経平均に連動するETFなどがそれに当たります。

 

実際に僕もインデックスファンドへの投資を検討したこともあります。

・・・検討したことはあるのですが、結果的には、これまで一度もインデックスファンドに投資したことはありません。

僕がインデックスファンドに投資をしなかったのには、明確な理由があるのです。

Sponsored Link


 

面白そうじゃないから

それは、

面白そうじゃないから

です。

 

ちょ~単純な理由です(笑)

そして、子供が言うような理由です。

しかし、これが譲れないところでもあるのですよね。

 

というのは、いくら「バフェットが勧めているから」と言っても、僕が面白いと思えない投資をしてしまえば、その投資を掘り下げていくことはできません。

また、何かしらの要因でファンドの価格が下がってしまったら、そこからさらに下がる恐怖に耐えられず、すぐに損切りするハメになってしまうと思います。

 

株式投資では、感情がかなり揺れ動くものです。

なので株式投資では、感情とうまく付き合っていくことがとても大切なのですが、ここを軽視している人が多すぎる気がします。

そして僕の場合は、「面白そうじゃない銘柄には投資しない」ということが感情コントロールには重要な要素なのです。

 

持っていて幸せを感じる個別銘柄に投資するべき

幸い僕は、自分の投資法をある程度確立させることができています。

そして、その投資法を楽しんで実践することができています。

と言っても現在は、投資候補銘柄の株価が下がるのをとにかく待っている状態ですが、僕の狙ったところで買えさえすれば、あとは株価の上下に過剰反応することなく、長期で持つことができるでしょう。

僕は、持っているだけで幸せな個別銘柄に投資する予定ですので。

 

・・・なんか言っていることが抽象的ですよね(笑)

なので株を買った時には、

  • どの銘柄
  • どのような理由で買ったのか

これを記事にしていきたいと思っていますので、ぜひご期待ください。

買い場、早くこないかな~

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ