投資すべき素晴らしい企業の条件5つ

こんにちは、セミリタパパです。

今回は、投資すべき素晴らしい企業の条件について、5つ挙げてみたいと思います。

Sponsored Link

 

高い参入障壁がある

まずは、

高い参入障壁がある

ということです。

 

参入障壁の高いビジネスを行っていて、ちょっとやそっとじゃ新たなライバルが生まれないような企業がいいですね。

分かりやすいところで言えば、Google。

今から、Googleを超える検索エンジンを作り、それを浸透させられることはできるでしょうか?

・・・答えは明らかですよね。

 

逆にお金をかけたり、人材を引き抜けば、すぐに同じようなことができるようなビジネスをしているような企業では、いつどうなるか分かりませんので、かなり怖いです・・・。

 

カリスマではなくても経営できる

次の条件としては、

カリスマではなくても、その企業を経営できる

ということです。

 

日本にも、カリスマ経営者と呼ばれる人は、たくさんいらっしゃいます。

そのような経営者に憧れている人も多いでしょうし、

「あのカリスマ経営者の企業だから、投資したいんだ!」

と思って投資をする人もいるでしょう。

昔、ライブドアが個人投資家に人気があったのは、ホリエモン人気によるところも大きかったはずですからね。

 

しかし僕は、カリスマ経営者が経営する企業の株を買いたいとは思いません。

というのは、その企業がカリスマ経営者の素晴らしい経営手腕によってうまくいっていた場合、もしそのカリスマ経営者がその企業を去ってしまったら、どうなってしまうのでしょうか?

Sponsored Link


企業として、ガタガタになってしまうようなことも考えられますよね。

 

なので、カリスマに頼った経営ではなく、誰が経営してもうまくいくくらいの企業が望ましいです。

極端に言えば、僕が社長になったとしてもうまく回っていくほどの企業であれば最高です。

・・・ちょっと極端すぎましたね(笑)

 

その企業が行っているビジネスの素晴らしさを知っている

次に、

その企業が行っているビジネスの素晴らしさを知っている

ということが挙げられます。

 

その企業がやっているビジネスについて、そしてそのビジネスの素晴らしさについて、自分でよく理解できていれば、その素晴らしさが継続していく限り、その企業は反映していくはずです。

それと合わせて年次報告書などの数字を見ていけば、その企業の状況はよく理解できるでしょう。

 

今後も末永く同じビジネスを続けていく可能性が高い

そして、

今後も末永く同じビジネスを続けていく可能性が高い

ということも重要です。

 

どんなに素晴らしい企業でも、短命では困りますからね。

この点を見極めていくためには、その企業が行っているビジネスは、これまでどのくらいの期間継続してきたのかを確認したいです。

まだ、そのビジネス始まって1,2年ということであればけっこう不安ですが、これまで数十年に渡って続いているビジネスということであれば、今後も末永く続いていく可能性が高いということがイメージできますからね。

 

その企業の株を持っていると幸せを感じる

そして、

その企業の株を持っていると幸せを感じる

このような株を持ちたいものです。

 

どんなに有望でも、

「なんか好きじゃないんだよな・・・」

というような企業の株は、持っていて気持ちがよくありません。

そして、そういう株ってありますよね(笑)

 

人間関係でも、

「なんかこの人は好きじゃないんだよな・・・」

という人と付き合うとロクなことはありませんよね。

それと同じことだと思っています。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ