賃貸派の僕が中古分譲物件を定期的にチェックしている理由

こんにちは、セミリタパパです。

僕はいわゆる賃貸派なのですが、中古分譲物件は定期的にチェックしています。

Sponsored Link

 

価格の推移を見ているわけではない

その理由ですが、別に「不動産価格の推移を随時チェックして、株式投資に活かそうとしている」というようなことではありません。

「不動産価格が下がってくれば、株も下がってくる!」

みたいなことを言う人がいますが、それは必ずではないと思いますし、別に不動産価格を見なくても、株が下がってきたら、あとは自分の投資ルールに従って動けばいいだけですので。

 

単純に楽しい

ではなぜ、

中古分譲物件は定期的にチェックしているのか、その理由はまず、単純に楽しいからです(笑)

 

賃貸物件よりも分譲物件の方が、物件のクオリティは高いことが圧倒的に多いですよね。

なので賃貸物件よりも、分譲物件を見ている方がテンションが上がるのです。

なので、いつも妻と一緒に、あ~だこ~だ言いながら楽しんでいます(笑)

 

一生住める家が1,500万円以下なら購入検討の余地アリ

そして、僕たち夫婦には、

一生住める家が1,500万円以下なら購入検討の余地アリ

このような共通認識があります。

 

このような話しをすると、

「いや、さすがにそれは無理っしょ~」

と言われてしまいそうですが、それが叶う時代はもうそこまで来ていると、実は感じているのです。

 

家はどんどん余っていく

というのも誰もが知っている通り、これからの日本では人口がどんどん減少していきます。

しかし、そのことを無視するかのごとく家は増え続けていますよね。

ということは、これから家はどんどん余っていくことになります。

それは需要よりも供給が過剰になるということですので、当然家の価格は下がってくるはずです。

Sponsored Link


 

そして、家を売りたい人の立場になって考えてみてください。

家を売りに出しても、なかなか売れません。

しかし固定資産税や、マンションであれば管理費や修繕積立金は払い続けなければいけません。

 

・・・焦ります、とにかく焦ります。

なので、投げ売りとまでは言わずとも、「相場よりかなり安い価格でもいいから、なるべく早く家を売りたい」と思う人が出てくるのは当然の流れです。

ということは、値下げ交渉のしがいもありますよね。

僕が得意のやつです(笑)

 

最近のリノベーションはすごい

そして、物件情報を見ているとよく分かるのですが、最近のリノベーションはすごいです。

「新築じゃなくて、こっちのリノベーション物件の方が全然よくない?」

と、思わず妻に言ってしまうことが多々ありますので。

ということは、築年数がかなり経っていたり、けっこうボロボロの物件であっても、僕たち夫婦や子供たちを喜ばせてくれるようなリノベーション物件が出てくる可能性は、今後さらに高まってくるはずです。

 

気持ちは乗っけず、まず得するかどうかを考える

このように考えていますが、基本的には僕たち夫婦が賃貸派であることに変わりはありません。

なので、テンションの上がる物件1,500万円以下で買える可能性がないものは、検討すらしません。

 

我が家の生活費や生活スタイルなど、細かいところを踏まえて何度も計算しましたが、1,500万円以上の物件を買ってしまうと、賃貸に住み続けるよりも、損をする可能性が高いです。

お菓子やジュースならまだしも、「家」という高額な買い物をするのであれば、絶対に損はしたくありません。

「憧れのマイホーム!」

みたいな宣伝に踊らされて、損をする買い物は絶対にしたくないのです。

 

このような思いがありますので、株式投資で大チャンスが来たとしても、2,000万円程度はキャッシュで残しておいた方がいいと、今は考えています。

しかし、たとえば日経平均が今後1万円を割るような場面が来た時に、2,000万円を不動産購入のために、株に投資せず残していくことができるでしょうか・・・。

僕には自信がありません(笑)

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ