「若者が内向き志向になっている」がウソだと思う理由

こんにちは、セミリタパパです。

「日本の若者は内向き志向で、海外への関心が少ない」と言われていますが、本当にそうなのでしょうか?

そしてそれが悪いことのように言われていますが、そうですかね?

Sponsored Link

 

海外で働きたい若者はけっこういる

下記の記事によると、「新入社員の60.4%が海外で働きたいと思っていない」とのことなのですが、これって少ないですかね?

 

むしろ約4割の若者が海外に目を向けているのであれば、「日本の若者もまだまだ捨てたものじゃない」とさえ思ってしまいました。

逆に、新入社員の8割が海外で働きたいと思っていたら、それはそれで怖いです(笑)

 

日本は素晴らしい国

僕にも子供がいますが、子供がここでいう内向き志向であっても、全然問題ないと思っています。

というのも、日本はアメリカと中国に大きく差をつけられてはいますが、世界第3位の経済大国です。

なので中途半端に海外なんていくよりも、ビジネスチャンスは多いと思います。

少なくとも、僕が今のようにセミリタイアできているのですから、日本は素晴らしい国です(笑)

Sponsored Link


 

そして株式投資に限って言えば、日本はアメリカの次にやりやすいのではないでしょうか?

 

なので子供たちは無理して海外に行こうなんて考えず、日本でやりたいことをやって、幸せに生きていってほしいと思っています。

・・・だだし、こういう考えの親を持つ子供に限って、海外に行きたがったりするのですよね(笑)

 

親が押しつけているだけでは?

メディアなどでは、

「若者はグローバルに活動していくべきだ!」

というような意見がよく取り上げられますし、日本人は外国や英語コンプレックスを持つ人が多いです。

 

なので、

「なんとか子供には英語くらいはマスターしてほしい・・・」

みたいな親も多いでしょう。

しかし、子供がもし海外に行きたいと思ったら、その時に自分で留学を希望したり、高いモチベーションで英語を勉強するでしょうから、親が押しつけても仕方がないですよね。

 

子供は親の思い通りにはならない

たまに、

「自分の子供には、公務員になって安定した生活を送ってほしい」

みたいなことを言っている親がいますが、子供は親の思い通りにはなりません。

少なくとも、僕を含めて僕の周りの人で、親の希望通りの人生を歩んでいる人なんていません。

そんな人がいたら、ちょっと気持ち悪いとすら思ってしまいます・・・。

 

そんなものなのです。

そして子供には子供の人生がありますので、それをヒヤヒヤしながら見守ってあげるのが、親の務めだと思います。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ