家賃という固定費をできる限り削減する方法

こんにちは、セミリタパパです。

実家住まいでない限りは、毎月の固定費で一番大きいのは家賃ですよね。

今回は、この家賃という固定費をできるかぎり削減するために、僕が実際に行なった方法についてお話ししていきたいと思います。

Sponsored Link

 

都心を離れる

僕は現在、「家賃」という固定費をできる限り削減するために、都心を離れています。

以前は都心の人気エリアに住んでいましたが、家賃が高すぎると常々思っていたのです。

現在はとある地方に住んでいますが、広さ約100平米のマンションで、家賃は10万円台です。

けっこう良くないですか?

都心でしたら、おそらく倍はしますよね。

 

家賃の値下げ交渉をする

そして、社会人になって一人暮らしを始め、結婚するまで何度か引越しをしましたが、そのたびに毎回、家賃の値下げ交渉をしてきました。

値下げ交渉の成功率はけっこう高くて、一番最初に住んだ家はトータル10年ほど住んだのですが、最初の値下げ交渉こそ失敗しました。

しかしその後は、2年に1回の更新時に家賃を2千円ずつ下げてもらい、8万円だった家賃は7万円まで下がりました。

そして今住んでいる家は、最初から家賃を2万円下げてもらうことができました。

 

貸主の立場になって考える

この家賃交渉に関しては、

「家賃を1円でも下げてほしい!」

という、僕の貧乏根性というか(笑)、熱意が伝わったことが大きいでしょうね。

Sponsored Link


 

そして、何も考えずにひたすら家賃の値下げをお願いしたわけではなく、僕は僕なりに、貸主の立場になって考えてみたのです。

貸主にとって一番のリスクというのは、いわゆる「空室リスク」ですよね。

貸したい家に誰も住んでいない状態ですと、当然家賃が1円も入ってきません。

貸主としては、できる限りそ避けたいと思うわけです。

 

値下げ交渉の材料

それを理解したうえで、家賃交渉に臨むのです。

ちなみに今住んでいる家の家賃交渉は、

「うちは子供が二人いて、なるべく転校はさせたくないから、住み始めれば長く住む可能性大ですよ~」

という感じの内容を、不動産屋さん経由で貸主に伝えてもらいました。

 

貸主としては、「家賃を多少下げたとしても、毎月約10万円という家賃がある程度長期間入ってくる可能性が高い」というメリットの方を良しとしてくれたのでしょう。

またどうやら、貸主さんも多少家賃を下げても早く賃貸付けをしたかったようで、タイミングもよかったようでした。

 

ダメ元で言ってみる

僕はこのような成功体験がありますので、今後も引っ越しをする際は、必ず家賃交渉をします。

ダメ元で言ってみて、それで家賃をさげてもらえれば、ラッキーですからね。

恋愛と同じです。

好きな異性には、ダメ元で気持ちを伝えるみるべきです。

それでうまくいくことも、けっこうありますから(笑)

 

都心を離れれば、それだけで家賃はかなり安くなりますし、さらに家賃交渉に成功すれば、お得感はハンパじゃないです。

そして家賃が安ければ安いほど、生活費はグッと下げることができます。

 

さらに浮いたお金を含めて、どんどんお金を働かせていけば、将来的に生活はさらにラクになっていきます。

 

毎月の固定費で一番大きいのは家賃ですので、ここはなんとか抑えていきたいですよ。

家賃交渉、ぜひ試してみてくださいね。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ