素晴らしい企業の株であれば、株価をしょっちゅう見る必要はない理由

こんにちは、セミリタパパです。

素晴らしい企業の株を買うことができれば、株価はしょっちゅう見なくてもよくなりますよ。

Sponsored Link

 

中長期で見れば企業業績と株価は連動する

というのも、株価というのは中長期で見ていけば、その銘柄の企業業績が伸びていくに伴って、上昇していくものだからです。

ということは、中長期で投資をするのであれば、注目するべきなのは株価よりもまず

企業の業績

ということになります。

 

そして上場企業の業績であれば、何か大きなことがない限りは、四半期に一度確認していけばいいわけです。

逆に、確認したくても、上場企業の業績は毎日確認できませんからね(笑)

 

株というよりその企業の一部を買っている

なので感覚としては、株を買っているというより、その企業自体を買っているという感じです。

「その企業自体を買う」というのは大きすぎるとしたら(笑)、企業の一部を買っている感じです。

まさに「株主」という感じですね。

 

子会社の業績を毎日チェックはしない

そして買った株の企業は、「自分のグループの子会社」とでも思ってください。

Sponsored Link


親会社は、子会社の業績を毎日チェックしませんよね。

そんな感覚で、毎日株価をチェックする必要はなくなるというイメージです。

 

短期の動きは無視

なので、企業業績を元に中長期で投資をしたのなら、短期的な動きはもう無視していきましょう。

株というのは、短期的には「美人投票」なんて言われますが、想像もできないような動きをするものです。

しかし中長期的に、企業業績を元に投資しているのであれば、そんな短期の動きは無視してしまっていいのです。

 

株価が気になってしまったら投資を見直す

もし中長期で投資をしたはずなのに、毎日の株価が気になって気になって仕方がないのであれば、その投資は見直した方がいいですよ。

中長期投資、できていませんので(笑)

見直さずになんとなく続けてしまうと、あとでかなり痛い目を見ることになるでしょう・・・。

 

グレアムの言葉

最後に、ウォーレン・バフェットの師匠であるベンジャミン・グレアムの言葉をご紹介します。

市場は、短期的には人気投票の結果を表示するが、長期的には価値を評価する仕組みである

ベンジャミン・グレアム

 

ということなのです。

価値ある企業の株を買えさえすれば、あとは市場がその価値を評価してくれるのを、ゆっくり待っていればいいだけなのです。

持っているだけでニタニタできるような、価値ある企業の株を買うようにしましょうね。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ