「残業したくない」というわがままは主張するべき理由

こんにちは、セミリタパパです。

僕が大学を卒業してサラリーマンになったのは、もう20年くらい前のことです。

だいぶ年を取りました(笑)

Sponsored Link

 

そしてサラリーマン時代は、やりたくない残業を半強制的にやらされることは、当たり前でした。

しかし今は、残業をしたくなければ、しなくてもいいですよね。

そういう時代ですから。

僕がサラリーマンをやっていたころから比べると、夢のような時代になったのです(笑)

 

・・・とは言ってもです。

今でも、やりたくない残業をやらされて、辛い思いをしている人もいるでしょう。

そのような人には、こんなことを考えてみていただきたいです。

 

そもそも残業したくない仕事は先がない

そもそもなのですが、残業したくない仕事になんて、先はないと思いませんか?

今は特に問題はないかもしれませんが、あなたよりも今の仕事が好きな人は、残業もがんばりますよ。

上司から、

「もう帰れよ!」

なんて言われても、ねばってがんばることもあるでしょう。

 

そのような人とあなたの間には、残念ながらどんどん差がついていってしまいます。

そして、あなたの肩身はどんどん狭くなっていくはずです・・・。

Sponsored Link


 

選択肢は3つ

なので選択肢は3つです。

まずは、「今のまま、辛い状況を受け入れる」という選択肢です。

これは辛すぎるので、全然オススメできませんが・・・。

 

次の選択肢は、もう社内の空気なんて読まず、残業は一切しないようにするのです。

今の時代であれば、「残業はしたくない」というゴリ押しも、かなり通用するのではないでしょうか?

もちろん、社内で多くの人が嫌々残業をやっている状況があるようでしたら、あなたが残業はしなくないというゴリ押しをすることによって、会社での居場所がなくなるかもしれません。

 

そこで最後の選択肢ですが、それは転職です。

楽しく仕事ができて、さらに残業がない会社を探せばいいのです。

また、もし仕事が楽しければ、多少の残業も受け入れられるかもしれませんしね。

とにかくネットを駆使して、転職活動を進めていきましょう。

 

主張しなければ、行動を起こさなければ、都合よく使われるだけ

この記事で言いたいこととして、とにかく主張しなければ、行動を起こさなければ、会社に都合よく使われてしまうだけだということです。

なので、自分の人生は自分で切り開くしかないのです。

 

主張したり、行動を起こすという行為は、結構パワーを必要とすることなので、なかなか一歩踏み出せていないのかもしれません。

しかし今のままで、状況がよくなることはまずありませんよ。

それは、あなも分かっているはずです。

なので、やるしかありませんよ。

Sponsored Link

関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ